口内炎かと思ったら「手足口病」だった話。発熱なしでした(写真あり)

育児 - 子供の病気

今年の夏休み中、娘ちゃんが手足口病になりました。

でも思ってた「手足口病」と違ってたので気づくのが遅くて、娘ちゃんに辛い思いをさせたので反省…。

病気は典型的な症状じゃないものもあるので難しいですよね。

娘の手足口病の経過


  1. 口内炎で口が痛いと言い出す(初日)

  2. 舌の先に口内炎ができて赤くなってました。
    口内炎は割とよくなるので(舌を噛んだり口の中を噛んだりして)、そっかーじゃあ口内炎を避けて食べようか。
    しょっぱいものはやめとこうね、といった対応をしてました。
    口内炎の塗り薬は嫌がるので塗らず。
    いつもみたいに数日以内に治るだろうと思ってました。



  3. 口内炎が増えて食べる量が減る(2日目〜)

  4. 口の中にも口内炎ができたと言うので見てみると、下唇の下あたりにできてました。
    見た感じ普通の口内炎。


    ただ、大小二ついっぺんにできてて、短期間で増えたなとは思ってました。

    そしたら食べる量が結構減ってきて。
    娘ちゃんは偏食で、わがままで食べれないことが多いので
    「ちゃんと食べて栄養つけないと口内炎治らないよ?」
    とか言って優しくしてませんでした(汗)ごめん、娘ちゃん。

  5. 喉が痛くて食べれないといい出す(3日目〜)

  6. 「喉が痛くて食べれない」まで言うのは風邪の時でもあまりないことなので、当日日曜だったので翌日病院へ行きました!

    そこで喉を見てDr.が一言
    『あ、手足口病だね〜』

  7. 足の裏に小さい水疱がいくつかできる

私も、夏だし口内炎ができた時に念のため手のひらと足の裏を見たんですが何もなく。
で、その日先生が「ほら」と言って娘ちゃんの足の裏を見せてくれたんですが、


数個ある茶色い点々がそうだそうです。
前日見たときも茶色い点が1〜2個ありましたが、まさか手足口病だとはおもわず…。
水疱状でもないし。

ちなみに発疹はこれがピークでした。

娘ちゃんの手足口病の主な症状と発症期間


先生から、発症から5日くらいでで治ると言われまして、その通り6日目くらいには発疹もなくなり口内炎もましになっていました。
(口内炎に関しては、朝晩塗り薬を塗りました)

症状は
  • 口内炎
  • 喉の痛み
  • 足の裏に発疹がいくつか(水疱状?と言う感じではなかったが、水疱が潰れた後に気づいたのか?)
  • 発熱は一切なし
  • 発症中、いつもよりわがままだった
と言った感じでした。

わがままだった、と言うのは後から思うとそうだったな〜と言う感じ。
本人はしんどくて、でもあまりこっちがわかってあげてなくてストレス溜まったでしょうね(汗)
本当にゴメン。

手足口病発症期間中の注意


先生からは、
口が痛くて食べられないなら、プリンとかうどんとか食べられやすい柔らかいものを探して食べさせるよう指示されました。
夏休み中でしたので幼稚園はありませんでしたが、プールなどに入らないように言われました。
基本的に夏風邪と同じなので、飛沫感染、接触感染すること。免疫力が落ちてるので無理させないことなど注意を受けました。

夏によく流行るので、来年の夏もしか買ったら早く気づいてあげようと思いました。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL