スポンサーリンク

前日夕食後、21時以降から絶食。

手術は午後の予定でした。
持って来たお産セット(自然分娩の時と全く同じお産セットを用意するよう病院から支持されていました)
と術後に着せてもらうパジャマを看護師さんにあらかじめ渡しました。

手術1時間前くらいから、貫頭衣みたいな手術着を着せられて
手術室の前の控え室みたいな所に呼ばれます。


流れは、浣腸→尿道カテーテル→手術

浣腸をして便を出すよう言われるのですが、これがあまり出ない
便意は何度も来るんですけど。
控え室の近くにあるトイレに何度も行くんですけど出ない…。

看護師さんにあんまり出なかったんですけど…と伝えたけど
特に問題ないのか、追加の浣腸とかそういうこともなく、次の処置へ。

尿道カテーテルです。

術後はしばらくカテーテルで尿を出すと聞いていてたんですが
実はこれを入れる事が一番不安でした。

痛そうじゃないですか!

でも看護師さんが上手なのか、多少違和感を感じたくらいで短時間であっという間に入りました。

そんなこんなで手術時間が近づき、手術室へ。
真っ裸で手術台に乗る。

Dr.は、いつも診てくれる院長のほか、大学病院から来たという先生が3人も
入ってこられました。2人って聞いてたんだけど、ちょっとラッキー?


麻酔中の手術なんて楽勝と思ったら…麻酔の効きが…?

麻酔は院長。硬膜外麻酔です。
背中を丸めて、って言われて横になって出来るだけ丸くなります。
腰の背骨に針の感覚。
これも痛いという噂を聞いていたのですごく不安だったんですが、普通の注射程度の痛みでした。

で、仰向けになり、お腹だけ出るシート見たいのを被せられ手術開始。
アイマスクするか確認されたけど断りました。

Dr.がお腹の上に氷を滑らせながら
「これ、冷たいの分かる?」
と聞いて来ます。

「あ、冷たいです」
麻酔効いて来たら感じなくなるから

あーそうやって確認するのかー。なるほど。


何度か繰り返され、本当に冷たくなくなって来ました。
それを伝えると、いよいよメスの入刀です!

「切りますよー」
との言葉とともにメスが入る。

ん、あれ?

い、痛いんですけど。

なんというか、ギリギリギリと、切られて引っ張られてるような痛みが確かにあるんですけど!

「先生。痛いんですけど」

「あーうん。大丈夫」

え、大丈夫なの?でもマジすごい痛いんだけど。
脂汗出そうなんだけど。


でもだんだん効いて来て、痛くなくなることを期待しながら耐えていましたが
やっぱり痛い!

看護師さんが
「頑張って!」
と手を握ってくださって、私ももう思い切りそれを握り返してました。

ギリギリギリギリ、痛たたたたた。

でも手術時間は15分程度と聞いていたので、もう直ぐ終わるもう直ぐ終わる、と
思いながら耐えました。

「デカイな」
とかなんとかDr.達が話しながらモタモタしてる雰囲気を感じます。
思ってた以上に赤ちゃんが大きくて、出にくいみたい。

いいから早くしてー!!

と心で叫んでたら、泣き声が!


赤ちゃんの声で痛みも吹っ飛びました

やっと生まれました!
予定日2週間前ですが、3,569g。
普通分娩に比べたら凄い短時間だと思うんですけど、めっちゃ長く感じました。

でも赤ちゃんを胸の上に置いてもらった瞬間、全てが吹っ飛びました。
むくんでて血が付いてて変な色だったけど
「かわいいー」
自然と声が出ました。
後から見たら朝青龍そっくりだったんですが。

その後、酸素マスクのようなものを口にはめられ
「全身麻酔しますよー」
の声。
その後あっという間に意識を失い、目覚めた時は術後のケアをする部屋でした。

夫さんと母が入って来て、保育器に入った赤ちゃんの写真を見せてくれて色々話しました。
ただでさえ3,569gと大きいのに自然分娩の他の子と比べると、産道で絞られなかった分むくんでて、
この時も、全員「朝青龍そっくり」と思ってました。

お互い悪いと思ってそのことは口にしなかったようです。

翌朝まで多少の痛みはあったものの、うつらうつらしながら過ごしました。



にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

カテゴリ
タグ