お金のカテゴリ記事一覧

高齢出産母ならではの、不妊治療、出産、育児、お金、ママ友付き合いなどなど。

カテゴリ:お金

  • 2018/02/07投資・保険・家計

    4月から幼稚園入園。私立を選んだので、月謝(保育料、給食費、他諸費用込み)が3万円かかります(-_-;)未就園児のいる家庭の家計簿夫、妻(専業主婦)子供(3歳)の3人家族。これまでは、以下のようにやってました。手取り収入410,000円〜450,000円(夫さんの給料のみ、残業時間で変動あり)支出【固定費】住宅ローン 120,000円固定電話+インターネット代 6,500円携帯代(2人分)3,500円娘ちゃん英語教室 6,000円娘ちゃんプレ幼稚...

    記事を読む

  • 2018/01/26投資・保険・家計

    娘ちゃんが生まれた時、私42歳、夫さん49歳。娘ちゃんが18歳になる頃には私60歳、夫さん67歳(!)。娘ちゃんが小学校在学中に夫さんが60歳の定年を迎えるとか大問題なんですが…。とにかく他の親より早く現役世代で無くなる我が家では、多少余裕のある今からお金の用意をしなくては!と、節約とか、投資信託や株の運用など、少額ながら頑張ってます。子供に迷惑かけない老後資金はもちろんのこと、教育に十分かけれるお金を確保した...

    記事を読む

  • 2017/07/01出産関連費用

    予定帝王切開で私が病院でかかった医療費をご紹介します。入院日数:出産前日から11日間入院手術内容:腹式帝王切開術麻酔方法:硬膜外麻酔→全身麻酔(赤ちゃんが出てから全身麻酔で後産)特記事項◯術後も「硬膜外麻酔後の局所麻酔の持続的注入」を1日してもらっていました。◯入院日から5日目 風呂トイレ付なしの個室(差額あり) 6日目から退院まで 風呂トイレ付きの個室(差額あり)出産費用明細書をみると入院料 0円室料差額 ...

    記事を読む

  • 2017/06/08出産関連費用

    出産費用とは別の、出産準備費用ってどのくらいかかるもんなのか?初めてのことだと、本当に分かりませんよね。42歳で初妊娠した私も、全く手探りでした。出産準備費用の平均って?妊婦検診で通ってた病院の待合で読んだ出産雑誌に「妊婦健診別で平均8万円」って書いてあったんですよ。で、私もそれくらいでやっていこう、って目標決めたんです。実際私がかかった内訳をご紹介します。ここで言う出産準備費用は、「妊婦健診や妊...

    記事を読む

もうすぐ幼稚園入園。1ヶ月の家計を見直しました。高齢出産夫婦の家計簿

4月から幼稚園入園。
私立を選んだので、月謝(保育料、給食費、他諸費用込み)が3万円かかります(-_-;)

未就園児のいる家庭の家計簿


夫、妻(専業主婦)子供(3歳)の3人家族。
これまでは、以下のようにやってました。

手取り収入410,000円〜450,000円
(夫さんの給料のみ、残業時間で変動あり)

支出

【固定費】
住宅ローン 120,000円
固定電話+インターネット代 6,500円
携帯代(2人分)3,500円
娘ちゃん英語教室 6,000円
娘ちゃんプレ幼稚園月謝 4,000円
医療保険(3人分)7,440円

【定期預金】
積立定期(車2台維持費)26,000円
積立定期(貯蓄)50,000円

【光熱費(年間平均額)】
電気代 11,000円
ガス代 6,300円
水道代 10,000円
ガソリン代(車2台)12,000円

【生活費】
食費 40,000円
雑費 10,000円
交際費 10,000円
娘ちゃん雑費 8,000円

【こづかい】
夫さんこづかい 40,000円
私こづかい 30,000円

支出合計 400,740円

4月からは、プレ幼稚園月謝がなくなる代わりに、幼稚園の月謝が3万円になるので支出がプラス26,000円

そうすると、支出合計 426,740円になっちゃう
残業がない月は赤字です。

他にも細々と幼稚園関連の出費があるかもしれないし、習い事もさせたくなるかも。
となると、かなり厳しい。

20180209111751631.jpg

家計から、これだけ節約しました


①車維持費費用積立
26,000円→21,000円に。 5,000円節約
車検、自動車税、自動車保険の費用を、月々26,000円積み立ててました。
田舎なので車は個人個人で必要な地域。
2台の車の維持費で、結構家計を圧迫してます。

夫さんの自動車保険の更新日に、保険会社を見直したら年間20,000円近く安くなりました。
車検費用をやや多めに見積もっていたのもスリムにしました。
ディーラーに頼んでいましたが、古い方の一台はコバックに変更する予定。

②こづかい
夫 40,000円→30,000円
妻 30,000円→20,000円に。20,000円節約

夫さんのこづかいは、基本的に家族での外食やちょっとした外出への使用が多いんです(夫さんの希望による)
友達も少なく、仕事の付き合い飲み会もほとんどないのでこれで十分、ということで。

私のこづかいは、化粧品、サプリ、美容院代、など。
化粧品は娘ちゃんが生まれる前からプチ価格のものになってるのでなんとかなりそうです。
サプリ代が圧迫してくるので減らさないとダメかも。

幼稚園入園したらママ友同士のランチ代とかかかるんじゃない?と夫さんは減らさない提案をしてくれましたが…。
多分大丈夫(笑)コミュ障だから!友達できないから!
必要になったらまた考えます。

③雑費、交際費、娘ちゃん雑費
雑費 10,000円→5,000円
交際費 10,000円→5,000円
娘ちゃん雑費 8,000円→5,000円 13,000円節約

雑費は買い物の際に食費とごっちゃになってるんですが、毎月残金があるので、
雑費+食費で月45,000円
って感じで、ザックリ管理することにしました。

交際費はお中元、お歳暮、ちょっとしたお礼などなど。
他家と交流の少ない我が家ですので毎月5,000円=年間60,000円でなんとかなりそうです。

娘ちゃん雑費は、オムツ代や、絵本、服代など。
オムツも買うことが減ったし、5,000円でやってみることに

合計 38,000円の節約

見直してから半年たちましたが、問題なく生活できてます。
これで幼稚園入園は大丈夫そう。

学資保険などは?


年間約87万の学資保険の支払いがあと一回残ってるんですが、これはボーナスの一部と株の配当の一部を当てる予定です。



子供手当は全額貯金。
今後の教育費用にして行く予定です。

節約だけでなく収入アップも考えないと!


幼稚園に慣れてきたら、習い事も考えています。

ご近所の幼稚園児さんたちも、英語、ピアノ、ソロバンなど…少なくとも年中さんになるとみんな何かしらやってます。

本人が興味を持ってやりたがることは、できるだけやらせてあげたい。
習い事の月謝+それに伴う費用を考えると収入アップは必須。

今年度の夏休みが終わったあたりの就職を目指して、パート探しの情報収集をはじめようかと思ってます。

高齢出産夫婦だから教育費が心配。我が家の学資保険事情。

娘ちゃんが生まれた時、私42歳、夫さん49歳。
娘ちゃんが18歳になる頃には私60歳、夫さん67歳(!)

娘ちゃんが小学校在学中に夫さんが60歳の定年を迎えるとか大問題なんですが…。

とにかく他の親より早く現役世代で無くなる我が家では、多少余裕のある今からお金の用意をしなくては!と、節約とか、投資信託や株の運用など、少額ながら頑張ってます。

子供に迷惑かけない老後資金はもちろんのこと、教育に十分かけれるお金を確保したいですよね。

201801260849503fe.jpg


教育費用はいくらかかる?

娘ちゃんが生まれた年(2015年)に見た教育費に関する記事では、

幼稚園から大学までの教育費は、

ずっと国公立の場合…約800万円
中学まで公立、高校から私立の場合…約1,200万円
ずっと私立だった場合…約2230万円

(※学校の入学金、授業料のほか、習い事の月謝やランドセル代なども込み)

ざっくりですが、こんな感じだったと思います。


大学にかかる教育費はどれくらい?

生命文化保険センターによると、

大学生にかかる教育費は、国公立か私立か、自宅通学か下宿かなどによって大きな差があります。
国立大学で自宅通学の場合の教育費は4年間で平均約524万円ですが、下宿の場合は約814万円となっています。
私立文系の場合は、自宅通学で約684万円、下宿で約954万円、私立理系の場合は、自宅通学で約819万円、下宿で約1,089万円となっています。
(生命文化保険センター内、「大学生にかかる教育費はどれくらい?」より引用)


ひいー!
娘ちゃん、出来れば国公立に、そして願わくば通学可能圏内で大学見つけてね。(その方が長く一緒に居られるし…)

でも行きたい大学が遠くにあったら下宿もやむなしか。


教育用の保険に2つ加入してます。

ちなみにどちらも、少しでも若い私が入った方が利率が高かったので、契約者は私です。

1つは日本生命の学資保険

保険の利率が下がるとの噂を聞いて、娘ちゃんが生まれる2ヶ月前、2014年の12月に加入。

2018012608465829b.jpg

20180126084659564.jpg

5年分割で4,334,745円払い込んで(年866,949円×5回)、娘ちゃんが17歳になってから5年かけて総額510万円もらえます。
返戻率117.6%!

あと1回支払いが残ってて結構きついけど、いい時期に入れたかなと思ってます。

あともう1つ。
またまた保険の利率が下がるとの噂を聞き、去年(2017年)2月にJA共済に加入しました。
定期の満期でまとまった資金が200万円あったのもあって。

実はこれ、学資保険じゃなく終身共済に加入したんです。

学資保険に入ろうかと思って資料を取り寄せ説明に来てもらったんですが、学資保険よりも戻り率がいいということで勧めてもらったのが終身共済

1,987,000円一括払い込み。
16年後(娘ちゃん18歳)に解約すると、解約返戻金が2,324,000円になるというプラン。
返戻率は116.9%です。

万が一私に何かあれば、340万がはいります。

20180126084701668.jpg


預けて5年未満で解約すると元本割れしますが、5年以降は多少なりとも利子が付くの何かあって急にお金がいるときにも対応できそうでいいです。

これで大学対策は多少できました。


学資保険に入るならなるべく早く入った方がいい。

ちがう時期に2回学資保険を検討した経験から、学資保険に加入するなら早めに…がいいと思います。
親も子供も年齢が若い方が返戻率がいいですし、年々返戻率が下がってるから。

ある程度の教育費は、投資信託や株などの原本割れの可能性がある商品で用意するのが怖いなーと思いまして。
でも銀行に預けても、本当に全く増えないし。

というわけで、保険商品の中でも貯蓄性の高い学資保険を検討したんです。
貯蓄性のみを重視して、医療保障のような特約はつけませんでした。

学資保険につけるより、掛け捨てのやすい医療保険に入った方がお得かと思います。

ネットで比較シミュレーションするのと、実際保険員さんが家で計算してくれるのと結構ちがいました。
これを!と思う保険商品が有ったら資料を取り寄せて保険員さんに直接相談したらいいと思います。

うちは1個目の保険加入の時は、ソニー、日本生命、2つの保険会社に来てもらって説明を聞きました。
2個目の時はJAさんだけ。


再度言いますが、小学校半ばで夫さんの定年を迎えるので、これからの幼稚園から高校までの教育費捻出も大変です。
節約やら資産運用を頑張らなければ!


予定帝王切開でかかった費用、私の場合。妊娠前の医療保険加入は大事です。

予定帝王切開で私が病院でかかった医療費をご紹介します。

入院日数:出産前日から11日間入院
手術内容:腹式帝王切開術
麻酔方法:硬膜外麻酔→全身麻酔(赤ちゃんが出てから全身麻酔で後産)

特記事項
◯術後も「硬膜外麻酔後の局所麻酔の持続的注入」を1日してもらっていました。
◯入院日から5日目 風呂トイレ付なしの個室(差額あり)
6日目から退院まで 風呂トイレ付きの個室(差額あり)

20171226210914de3.jpg


出産費用明細書をみると

入院料 0円
室料差額 57,750円
分娩介助料 135,000円
分娩料 ー円
新生児管理保育料 120,830円
産科医療補償制度 16,000円
その他 54,790円
一部負担金等 89,716円
妊婦合計負担額 474,086円

代理受取額 420,000円(出産育児一時金)

実際請求されたのは、
妊婦合計負担額474,086円−出産育児一時金の420,000円=54,086円
プラス、入院中娘ちゃんが受けた聴力検査代6,000円
合計 60,086円でした。


出産育児一時金は病院が受け取り代理をしてくれて、引いてくれていたので簡単でしたが、病院によっては産後に自分で申請しなければいけないところもあるんですよね。



ちなみに自然分娩から緊急帝王切開っていうパターンだと…

平成28年度の診療報酬点数表を見ると

緊急帝王切開22,200点
選択帝王切開20,140点

となってます。平成27年に産んだ私も、明細表見たら、20,140点になってました。
ということは、帝王切開術は保険が効くので、3割負担で60,420円。
緊急帝王切開の場合、3割負担で66,600円。

保険が適応されるので、高額療養費制度が使えて月の上限が決まってるのでそこまで高くなることはなく、自然分娩した場合と大きく変わらないという方も多いようです。


医療保険に入っているとお得です

ただ、自然分娩と違って、帝王切開をした場合、条件によって医療保険から給付金が貰えます。

今更ながら思うんですが、妊活をする人は妊娠前に、手術でお金が降りる医療保険には入っていた方がいいです。高齢出産にかかわらず、ですが、帝王切開になる率が高い高齢出産ならなおさら!

妊娠後の加入だと帝王切開手術を保証して貰えません。

私は妊娠前から県民共済に入っていたので給付金が貰えました。
でも、入院は保証してくれるけど(病気入院1日4,500円)手術は保証してくれないプランに入っていたのでちょっと損した気分。
あー不妊治療する時にすぐ医療保険のプランを変更しておけばよかった。

いえ、4,500円×11日=49,500円は貰えたので、十分ありがたかったですけどね。

ちなみに、確定申告で医療費の申告をする場合、医療保険でもらった金額は引いておかなければなりません。


※コメントでご指摘頂いて、一部記事を訂正してます。

カテゴリ
タグ

出産準備費用、いくらかかる?

出産費用とは別の、出産準備費用ってどのくらいかかるもんなのか?
初めてのことだと、本当に分かりませんよね。

42歳で初妊娠した私も、全く手探りでした。

20171224215259a16.jpg


出産準備費用の平均って?

妊婦検診で通ってた病院の待合で読んだ出産雑誌に「妊婦健診別で平均8万円」って書いてあったんですよ。
で、私もそれくらいでやっていこう、って目標決めたんです。

実際私がかかった内訳をご紹介します。
ここで言う出産準備費用は、「妊婦健診や妊娠中トラブルにかかる医療費」「マタニティ用品」「出産入院準備品」「出産後の新生児用品」です。
雑誌では「お宮参り費用」や「内祝い費用」も入ってたように思うんですが、私はこれは入れてません(^_^;)


○妊婦健診 (トラブルがあって2回ほど通院した分も含む) 33,840円 (雑誌では平均46,000円くらいでした)

○マタニティ費用 (マタニティウェア、下着、靴下、腹帯、トコちゃんベルトなど) 29,603円

○出産入院準備品 (パジャマ、ショーツ、授乳ブラ、術後腹帯、お産セット(病院で購入)など) 11,591円

○新生児準備用品、育児グッズ (ベビー服、肌着などからベッドやチャイルドシート諸々) 79,168円

合計  154,652円
妊婦健診抜きで 120,812円

う〜ん、、目標超えちゃった。

でもその後ネットなんかで見ると、出産準備費用の平均14万程度と書いてある記事もあったので、それと比べればまあそんなものかと。

妊婦健診に関しては平均以下ですね。しょっちゅう3Dエコー写真をもらってた割には安いんですかね。大きいトラブルがなかったせいかな。

もうちょっと節約できたのかな〜、と思ったりはするんですけど。


実際何にいくらかかったか?

一番かかってる新生児準備用品、育児グッズの内訳を見て見ると。



(小物)
ベビー肌着  2,499円 
ベビー服   5,445円
ガーゼ20枚 1,216円
綿棒      498円
洗濯洗剤   633円
爪切り  595円
汗取りパット 999円
防水シーツ  399円
紙おむつ  1,249円
布おむつセット 5,590円
哺乳瓶  1,398円
バケツ  216円
おくるみ 2800円(エイデンアンドアネイのガーゼです)
計23,537円


(大物)
ベビーベッド(アマゾンで中古品)  5,000円
寝具  5,709円
チャイルドシート 15,799円(リーマンの西松屋モデル)
エルゴの抱っこ紐  13,324円
ハイローラック  15,799円(コンビの西松屋モデル)
計 55,631円


合計 79,168円


無駄だったかもと思うもの

布おむつセットは、出産前は張り切って「布おむつにするぞ!」と思って買ったんです。おむつカバーと布おむつ20枚ほど。
でも、入院中娘のお股がカンジダになり、再発が怖くて布おむつだと湿気が来るんじゃないかと自信がなくて結局紙おむつに。
で、育児大変すぎて、多分そうじゃなくても紙おむつにしてたと思います。無駄でした。

おくるみも、おくるみで包んで寝かしつけるとよく寝てくれるってネントレの本を読んで買ったんですが、うちの子おくるみされると猛然と反発する子で全然ダメ。
まあ、春秋のベビーカーの防寒や、今でも夏の肌掛け布団かわりに使ってるのでいいけど、バスタオルでもよかった。

寝具は「綿100パーセント!」とか「国産」とかにこだわって買ったんですが、うちの子そんなに肌繊細じゃなかったんでもっと安いやつでよかった…。同様に洗濯洗剤も、子供用に「合成洗剤より石鹸!」とか思って「アラウ」とか買って洗ってたんですけど、以下同文…。
すすぎ1回でいい液体洗剤とかで十分でした。


節約したつもりのところ

ベビーベッドは猫を飼っていたので必須だったんですが、レンタルでも結構するんですよね。買ったのはミニサイズですが、レンタル品落ちの中古で5,000円は結構いい買い物だったんじゃないかな〜。生後10ヶ月くらいまで使いました(あとはベッドで添い寝)。
私が雑くてうっかり者なので、新生児のうちから添い寝はなんかやっちゃいそうで怖かったし。

エルゴの抱っこ紐は、偽物が怖くて(よくあるらしい)エルゴの公式サイトから買ったんですが、デザインが古いものがセールになっててそれを選びました。新生児用のインサート込みの値段なのでまあお得に買ったかなと思ってます。


慌てて買わなくても結構いけます

出産、育児準備品で必要なもの、あまり必要のないものって初産だとほんとわかんないですよね。

育児準備品は、今はネットですぐ変えるので、あまり慌てて揃えなくてもよかったかな、と今なら思います。
先に買いすぎると無駄なものも結構ありました。

入院中にスマホでポチポチAmazonさんに頼んで十分間に合います。

私はAmazonファミリーに登録して、1年間実質無料(年会費と同額の、ベビー用品に使える3,900円分のクーポンがもらえる)でプライム会員のサービスを受けました。
おむつとおしりふきが定期おトク便でいつでも15%OFF。配送料無料で最短当日お届け。
ベビー用品ほか限定セールなど、Amazonファミリー特典あり。

オムツも大概Amazonが安いのに、さらに割引があってすっごい重宝しました。



ついつい「いるかも」と思って先走って買っちゃうんですが、細々したものですぐに必要ないものは、様子を見てから購入、無駄がなくてオススメです。
カテゴリ
タグ
Copyright © 42歳から頑張る!高齢出産、高齢育児 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます