子供の病気のカテゴリ記事一覧

高齢出産母ならではの、不妊治療、出産、育児、お金、ママ友付き合いなどなど。

カテゴリ:子供の病気

  • 2017/11/10子供の病気

    寒くなって来ると子供ってすぐ風邪を引きますよね。風邪のたびに鼻水、鼻づまりで苦しんでるのがかわいそうでした。乳幼児は上手く鼻が噛めないし、寝てても、鼻水が喉の奥に落ちるから咳き込んで泣いて、何度も目が覚めちゃうんですよね。乳幼児の鼻水を上手く吸ってやるにはどうしたら良いのか?Amazonで人気だった、こういう口で吸うタイプの鼻水吸引器「ママ鼻水トッテ」を買おうかと思ったんですが、「口で吸うタイプはお母さ...

    記事を読む

  • 2017/11/04子供の病気

    娘ちゃん(2歳9ヶ月)のインフルエンザ予防接種、1回目へ行ってきました!関連記事土曜日の診療後の午後に、予防接種専用の時間を取ってくれる医院で、受け付けから問診、注射終了まで10分程度で終わりました。院長先生が聴診器で診察し、喉を見てくれた上でワクチン接種。先生に、「ちょっと痛いよー」と言いながら注射されるも、娘ちゃん無反応!むしろちょっと顔が半笑い。後で「痛くなかったの?」と聞いたら「ちょっと痛かっ...

    記事を読む

  • 2017/11/02子供の病気

    インフルエンザの季節ですね。親二人は早々に接種を済ませたのですが(夫さんも私も医療従事者なので基本的に毎年うけてます)娘さんはどうするか悩んでいたので出遅れました。かかりつけの小児科も耳鼻科も、10月末に問い合わせた時点で予防接種の予約を終了していました!ガーン!小児科では、ワクチンが追加で手に入ったら再開しますが時期は未定です、とのこと。幼児へのインフルエンザワクチン、その有効性は?2歳児に、しか...

    記事を読む

  • 2017/07/31子供の病気

    前編はこちら幸い風邪を引くこともなく、家でおとなしく過ごした年末年始。医大受診後、保健所からまた連絡があり、医大Dr.の名前を聞かれ(直接連絡を取ってくれるためだそう)ました。受診結果を伝えると、私の判断通り、T-Spot(T-スポット)検査を待ってからでいいと思う、とのことで、薬の服用は延期になりました。一応家族の胸部レントゲン撮影を、指定の病院でしましたが問題なし。ジジババも、T-Spot(T-スポット)検査と...

    記事を読む

  • 2017/07/28子供の病気

    接種当日 かかりつけの小児科にてBCG接種接種後1日目 接種部位が腫れ上がり、小児科受診。コッホ現象の可能性ありでツベルクリン反応検査3日目 ツベルクリン反応9mmで疑陽性、予防に為の抗結核薬の服用が必要と言われる。4日目 夫さんと小児科再来院。セカンドオピニオンとして近隣の方医大病院に行きたいと申し出る。まだ薬の服用は開始しませんでした。保健所から電話がきました。6日目 小児科からの連絡がいき、地域の保健所か...

    記事を読む

  • 2017/07/27子供の病気

    娘さんがBCGの予防接種をしたのは、生後10カ月になる12月の冬でした。BCGの予防接種は現在、生後一歳までに、標準的接種期間は生後5ヶ月〜8ヶ月となっているので、少し遅めでした。一般的な反応は…BCG接種後は、一般的に接種後10日頃から接種した場所に赤いポツポツができ、一部にうみが出ることもあります。だんだんかさぶたができて、時間をかけて小さな傷跡が残るだけになります。これは、BCG接種によって免疫がついた証拠なの...

    記事を読む

  • 2017/07/22子供の病気

    いつも夕方しているお散歩に行きたがらず(今思えばこの時から元気なかったのか…)お部屋で遊んでると急にゲポーと大量に嘔吐!!ゲポー、ゲポッ、ゲポッって感じで3回くらい。赤ちゃんの時のミルク吐きみたいに勢いよく。嘔吐の内容物は、4時ごろ大量に飲んだ牛乳と、昼食後のデザートに食べたスイカ。自分でビックリして泣き出す娘ちゃん。「大丈夫大丈夫!まだ出そう?」心で動揺しながら娘ちゃんをなだめ、お風呂でシャワー。...

    記事を読む

乳幼児の鼻水、鼻づまり対策。鼻水吸引機 ハナキューチャンがオススメです。

寒くなって来ると子供ってすぐ風邪を引きますよね。

風邪のたびに鼻水、鼻づまりで苦しんでるのがかわいそうでした。
乳幼児は上手く鼻が噛めないし、寝てても、鼻水が喉の奥に落ちるから咳き込んで泣いて、何度も目が覚めちゃうんですよね。

乳幼児の鼻水を上手く吸ってやるにはどうしたら良いのか?


Amazonで人気だった、こういう口で吸うタイプの鼻水吸引器「ママ鼻水トッテ」を買おうかと思ったんですが、

「口で吸うタイプはお母さんが風邪をもらう」という口コミをみて断念。

で、最初に、口で吸わなくて良くて安価な「鼻水キュートル」を買いました。

が、私のやり方が下手なのか、びっくりするほど全然吸えない

悩んでいたところ、母が
「ハンガリーかどっかで、鼻水を掃除機で吸引する器具があって、それを使うと子供が風邪ひきかけてもすぐ治るってテレビでやってたよ」
と教えてくれて。

そのハンガリーで使われてる器具は分からなかったんですが、これだ!という製品を見つけて購入しました。

ハナキューチャン(家庭用鼻水吸引器)(あす楽) 耳鼻科の先生が考案 掃除機に接続!テレビ放映 (おまけ付)授乳ブラ 骨盤ベルト・とこちゃんベルト2_l ll/骨盤/腰痛ベルト  産前産後/年越し 福袋/2018年

耳鼻科の先生が考案っていうのが良いですよね。

鼻水吸引器、ハナキューチャンの実力は?


20171109233919906.jpg

20171109233921841.jpg
こういうのが一式入ってます。

掃除機への取り付け方はこんな感じでします。簡単です。
2017110923392138e.jpg

1歳の頃から使用してみた感想


購入してしばらくして娘ちゃんが風邪を引きました。
まだ1歳半ばの冬でした。
鼻水が詰まって苦しそうで愚図ってます

掃除機に取り付けて、ノズルを娘ちゃんの鼻の穴にくっつけて吸引。
掃除機の音がうるさいのと、強い吸引力にビックリして娘ちゃん大号泣!

私の両足で娘ちゃんの体を腕ごと押さえつけ、娘ちゃんの鼻の穴にノズルをくっ付けると、
ズビビビビビーッと、水っぽい透明なのも、色のついた粘っこいのも問わず、まあ取れる取れる!

毎回吸引するたびに泣いて嫌がるので、おさえつけてやってました。
かわいそうでしたが、鼻水が詰まってる状態で寝れない方がもっとかわいそうだったので。

それ以来、風邪で鼻水、鼻づまりがひどい時は

・加湿器をつける
・ヴィックスヴェポラップを塗る
・上半身を高くして寝かせる
・鼻が苦しそうな時はハナキューチャンで吸う


で、何度か乗り切りました。

ちなみにヴィックスヴェポラップも鼻づまりに結構良いです
息苦しそうな時も、塗るとしばらくは安眠してくれます。
生後6ヶ月から使えるので安心。

急な風邪に対応できるよう、すでに常備してます。

先日、ちょっと鼻水が出始めてたんでハナキューチャンで吸いましたら、
風邪が悪化することなく、2日ほどで鼻水も治まりました。

去年と違い、成長とともに体力がついて免疫力が高まったせいかもしれませんが。

本人も、2歳になると
これをやると鼻がスッキリする
を理解したのか、あまり嫌がらずやらせてくれるようになりました。

この冬も活躍してくれそうです。
鼻水が出たら早めに使っていこうと思います。

使える掃除機と使えない掃除機があります


うちのは古いシャープのサイクロン掃除機です。こういう昔ながらの掃除機の方が使えると思います。
2017110923392366b.jpg

ダイソンのスティックタイプのコードレス掃除機(Dyson V8 Fluffy)では使えませんでした。

ハナキューチャンのメリット、デメリット


メリット
・掃除機なのでとにかく強い吸引力。粘っこいのも含めしっかり鼻水が取れます。
・電動式より安価。数千円で買えます。

デメリット
・掃除機なので音がうるさい。夜中に吸引するとき気を使います。
・いちいち掃除機を持ってくるのがめんどくさい。
・器具の洗浄、消毒がめんどくさい。

消毒については、
5回使用につき1回、哺乳瓶用の消毒薬で消毒するよう取説に書いてありましたが、
私は使用中、1日1回手指の消毒薬を、ノズルの中とか容器の中に噴霧して消毒してました

横着者です。


風邪をひいた夜は、一晩掃除機と吸入器を出しっぱなしにして都度洗わずに吸引し、翌朝洗って消毒してました。
(再感染防止から考えると、都度洗った方が良いかもしれませんが余裕がなかったので)


ちょっと安い簡易版も出てるようです。

ハナキューチャンUセット(家庭用鼻水吸引器)(あす楽)耳鼻科の先生が考案 掃除機に接続!テレビ放映 (おまけ付)授乳ブラ 骨盤ベルト・とこちゃんベルト2_l ll/骨盤ケアベルト/腰痛ベルト【楽ギフ_包装選択】 基礎代謝 産前産後/年越し 福袋/2018年

オススメします。

子供のインフルエンザ予防接種1回目終了。2回目の間隔は何週間あけるのがいいのか?

娘ちゃん(2歳9ヶ月)のインフルエンザ予防接種、1回目へ行ってきました!

関連記事


土曜日の診療後の午後に、予防接種専用の時間を取ってくれる医院で、受け付けから問診、注射終了まで10分程度で終わりました。

院長先生が聴診器で診察し、喉を見てくれた上でワクチン接種。

先生に、
「ちょっと痛いよー」
と言いながら注射されるも、娘ちゃん無反応!
むしろちょっと顔が半笑い。

後で
「痛くなかったの?」
と聞いたら
「ちょっと痛かったけど大丈夫だったの」
ですと!

なんか成長したなーと感慨深かったり、可愛かったり。


2回目の接種を2週間後から3週間後に変更しました。

20171231223711dd4.jpg

幼児のインフルエンザワクチンは2~4週間の間隔をおいて2回注射する事になってます。
前回の記事でも書きましたが、1回目の接種が11月4日。
流行期の12月に入る前までに、と病院で勧められ、2週間後に2回目の予約を取っていたのですが、後から

2回接種を行う場合の接種間隔は、免疫効果を考慮すると4週間おくことが望ましい。(インフルエンザHAワクチン「生研」添付文書より)


という事実があることに気づきショック受けました。


2回目をいつまでに終わらせるのがベストか?

インフルエンザワクチンは、1回目の接種の2週間目から免疫が出来始め2回目の1ヶ月後がピーク
その後徐々に低下傾向となるそうです。

2回接種した成績によりますと、接種1~2週間後に抗体上昇し始め、2回目の接種1ヶ月後までにはピークに達し、3~4ヶ月後には徐々に低下傾向を示します。したがって、ワクチンの効果が期待できるのは接種後2週から3~6ヶ月までと考えられています。(北里第一三共ワクチン株式会社のホームページより)



ということは、12月から3月が流行期と考えると、2回目を11月下旬から12月上旬までには終わらせたいところ

2回目を4週間後にすると接種が12月2日。
この日でもいいかなーとも思ったんですが、
「この時期風邪を引きやすいので、早めに2回目を」
と勧めてくれた病院の受付さんの言葉を思うと、それももっともだし…。

で、さんざん悩んだ結果、3週間後に2回目の予約を取り直しました

13歳未満では2週の間隔で接種ができるようになっていますが、よりワクチンの効果を高めるためには、3~4週間隔で接種することが最適です。(北里第一三共ワクチン株式会社のホームページより)


とあるように、3週間目でもいいかなー、と思いまして。
流行期までに余裕があれば4週間で。

関連記事


2回目の予約日まで風邪を引かせないよう気をつけなければ!


2歳の幼児にインフルエンザ予防接種は必要か?未就園児への効果は?

インフルエンザの季節ですね。

201711300114476b6.jpg

親二人は早々に接種を済ませたのですが(夫さんも私も医療従事者なので基本的に毎年うけてます)
娘さんはどうするか悩んでいたので出遅れました。

かかりつけの小児科も耳鼻科も、10月末に問い合わせた時点で予防接種の予約を終了していました!
ガーン!
小児科では、ワクチンが追加で手に入ったら再開しますが時期は未定です、とのこと。


幼児へのインフルエンザワクチン、その有効性は?

2歳児に、しかも保育園に行ってないのにインフルエンザの予防接種は必要なのか?効果があるのか?
と悩んでたんですよ。
「就学前の小児のインフルエンザワクチンの、有効率は20%〜30%(小児科学会の2004年の見解)」
というのを知っていたので。

で、実際のところどうなのか調べてみました。

2012年の日本ワクチン学会で、園乳児、園幼児、小学校低学年でインフルエンザワクチンの有効性を認める報告がされています。
そこでは、園乳児組は56.8%と有効率が高く、未就園児では23%の有効率という結果。

ワクチン未接種群の2回接種群に対するインフルエンザ罹患リスク比(相対危険度:RR)と有効率を求めたところ、未就園が1.298(有効率23.0%)、園乳児組が2.314(56.8%)、園幼児組が1.289(22.4%)、小学校低学年が1.677(40.4%)、小学校高学年が1.716(41.7%)だった。このうち園乳児組、園幼児組、小学校低学年において、統計的に有意な効果が認められた。(第16回日本ワクチン学会学術集会)


この結果を見ると…。
保育園に通っていたら感染する可能性も高いし、効果も高いようなので迷わず受けます。
でも通っていない場合。感染の可能性が通園児より低い上、効果も23%。
この23%をどうみるか、ですよね。

一方、厚生労働省のインフルエンザQ&Aを見ると、
 

乳幼児のインフエルエンザワクチンの有効性に関しては、報告によって多少幅がありますが、概ね20~50%の発病防止効果があったと報告されています。また、乳幼児の重症化予防に関する有効性を示唆する報告も散見されます。(厚生労働省のホームページ、インフルエンザQ&A)

とのことで、重症化予防の効果は期待できそうです。


我が家の結論。インフルエンザワクチン接種することに。

夫さんとの家族会議の結果、20〜30%でも効果があるなら受けようという結論になりました。
重症化予防も少しでも期待できれば、接種する意味はあるし。

保育園に通ってないとはいえ、2歳の娘ちゃんは現在、支援センターなど行きまくり、週一回のプレ幼稚園もあります。
大きな商業施設にもよく行きます。

インフルエンザ感染する機会は十分にありそうですから。


インフルエンザ予防接種、する?しない?

せまいせまい人間関係の私調べで恐縮ですが、
・同じ学年(来年幼稚園入園の2〜3歳)
・未就園児
・週一回程度のプレ幼稚園か、習い事に通っている
という子供さんのインフルエンザワクチンの接種状況を調べたら、

した、あるいはこれからする 4名(私含む)
しない 1名
でした。

しない人は、基本的に定期接種以外はしないつもり、という方でした。
ただ、した4名のうち2名は、上に幼稚園通園中の兄弟がいました
感染のリスクが一人っ子の我が家よりだいぶ高そうですもんね。

するかしないかは、副反応のことも考えた上で各家庭で親が決めるしかないことだなあ、とは思います。


結局、違う小児科で予約できました!幼児の接種回数とその間隔は?

日曜診療をやっていて、時々お世話になっていたもう1つの小児科に問い合わせたらまだ受け付けてますとのこと。
急いで予約をして来ました。

11月4日に接種して来ます。2回目は2週間後の18日にしました。

生後6ヶ月から13歳未満は2〜4週間開けて2回接種。
この病院では、一回3,500円。二回で7,000円。
厳しいー!

2回目を4週間開けずに2週間にしたのは、流行の時期までに接種を終わらせる為と、
風邪などで受けれなくなる可能性を考えて医院の受付さんに勧められたからですが、
帰って検索して見ると、

接種間隔はおよそ2~4週間とされていますが、できるだけ4週間程度の間隔をあけて接種した方
が免疫の獲得は良いと言われています。(アステラス製薬ホームページ)

とあるのを見つけて
またまたガーン!です。

2回目の予約日を変更するつもりです。
3週間後か4週間後に。

そういうわけで、行って来ます!
娘ちゃん、がんばれ!

関連記事

BCGの予防接種でコッホ現象が出る!→偽コッホ現象と診断されるまで(後編)

前編はこちら


幸い風邪を引くこともなく、家でおとなしく過ごした年末年始。

医大受診後、保健所からまた連絡があり、医大Dr.の名前を聞かれ(直接連絡を取ってくれるためだそう)ました。
受診結果を伝えると、私の判断通り、T-Spot(T-スポット)検査を待ってからでいいと思う、とのことで、薬の服用は延期になりました。

一応家族の胸部レントゲン撮影を、指定の病院でしましたが問題なし。

ジジババも、T-Spot(T-スポット)検査とは違うQFT検査という血液検査と胸部レントゲンを自主的にしてくれましたが
問題なしでした。

一体どこで感染したんだと、もんもんとする毎日。

モタモタしないで生後5ヶ月ですぐにBCG接種してたら大丈夫だったかもしれないのに…。ごめんね、と自分を責めました。

接種後腫れた部位はどんどん腫れて膿んでいき、医大に受診した接種後7日目くらいには急速にカサブタのようになり、周りは皮が向けたようになっていました。

Dr.はこれをgradeが進んでいる、と言っておられ、症状が激しいのでコッホ現象である可能性が高いとの診断でした。
201707300738509e6.jpg
接種後7日目

その後 、年内のうちにカサブタは枯れていき、正月くらいには、肌はかさかさしいてるけどこのまま跡が消えていきそうだなーという状態になりました。

20170730073852ed7.jpg
接種後11日目(クリスマス)

20170730073855aed.jpg
接種後19日目(1月2日)
だいぶ綺麗になって来ました。


一度治りかけた接種部位がまた…?

ところが!接種後20日目にあたる正月3日目くらいから、

「あれ?また腫れて来てる?」

20170730073859fea.jpg
接種後20日目

20170730073900b44.jpg
接種後27日目

一度平らになっていた接種部位が又プックリし始めて、日を追うごとに赤く大きくなっていきます。


接種後29日目、医大再受診。

それまでに夫さんと話して、「T-Spot(T-スポット)検査の結果が陽性だったら胃液採取の検査を受けよう」
と決めて、娘と2人、朝から向かいました。

スポンサーリンク


二相式の反応で偽コッホ現象との診断!

受診の結果、前回の検査で胸部レントゲン検査問題なしT-Spot(T-スポット)検査も陰性でした。
Dr.に

「胃液採取の検査はどうしますか?」

と聞かれた時、

実は一度枯れた接種部位がまた腫れて来たんですけど…

と伝えると、エッとちょっと驚かれた様子。

現在の部位を見ていただき、これまで毎日撮ってきた接種部位の経過の写真を見ていただくと、

「偽コッホ現象ですね」

と!

えーそうなの?嬉しいけどなんで?

「一度反応してそれが落ち着いて、また反応がでる、二相式の反応が出てます
最初の反応がニセだったということです。最初の反応がここまで激しいのは珍しいですけど」

「薬の服用も必要ないと思います。3月に再度見せていただいて何もなければ問題なしということで」

急転直下!って感じでした。

胃液採取のこと、薬のこと、色々頭いっぱいで受診しましたが、帰りは足取り軽やかでした。

その数日後、保健所にも出向き(呼ばれたので)ました。
医大の結果は伝わっており、保健所からも服薬しないでいいとお墨付きを頂きました。

偽コッホ現象はどうして出るんですか?

と聞いたところ、アレルギー的な反応だったり、近い時期に接種したのほかの予防接種の影響だったり、非結核性の菌に感染した影響だったり色々あるそうです。

その後も部位の腫れ、かだぶた化は1回目のように、でも1回目よりも長期間続いていきました。

20170730073903480.jpg
接種後35日目(再度腫れ始めてから15日目)

20170730073905e29.jpg
接種後45日目(再度腫れ始めてから25日目)

20170730073906d45.jpg
接種後52日目(再度腫れ始めてから32日目)

3月の再受診でも問題なし。2月の誕生日も楽しく祝いました。
本当に、怒濤の3ヶ月でした。

でもやっぱり、BCG接種をもう少し早くしてたらこんな騒動にならなかったのかなーと今でも思ったり。
わかりませんけどね。
カテゴリ
タグ

BCGの予防接種でコッホ現象が出る!→偽コッホ現象と診断されるまで(前編)

接種当日 かかりつけの小児科にてBCG接種

接種後1日目 接種部位が腫れ上がり、小児科受診。コッホ現象の可能性ありでツベルクリン反応検査

3日目 ツベルクリン反応9mmで疑陽性、予防に為の抗結核薬の服用が必要と言われる。

4日目 夫さんと小児科再来院。セカンドオピニオンとして近隣の方医大病院に行きたいと申し出る。まだ薬の服用は開始しませんでした。


保健所から電話がきました。

6日目 小児科からの連絡がいき、地域の保健所から電話があり、コッホ現象の様子や家族の様子、結核既往歴など色々聞かれる。

ツベルクリン反応が9mmであること、反応があまり赤くないことを小児科医からの連絡で知っていた担当してくださった保健師さんは、保健所のDr.とも相談の上で、

「本当に薬は必要かな?」

といったご意見。小児科のDr.と温度差を感じました。

私たち家族への結核の検査もまだ必要かどうかわからないとのこと。
明日医大へ行く予定だと伝えると、その結果を待ちましょうとのこと。
薬はまだ服用しないことになりました。

コッホ現象はどんどん進む。皮がむけてきました(;_;)

接種後3日目
20170728233002bef.jpg

接種後6日目
20170728233004b01.jpg


医大病院受診。感染症専門のDr.に診てもらえました。

7日目 医大病院へ。
小児の感染症を専門とされるDr.だったので、頼りになりました。
Dr.曰く、

①ツベルクリン反応は9mmなら陰性。疑陽性と言っていたのは昔のことで、今はその言葉は使わない(かかりつけの小児科医師は確かにご高齢…)
ただ、乳児の場合ツベルクリン反応だけでは確定が難しく、結核陰性が確実とはいえない。

②接種部の腫れが激しいので、コッホ現象が疑われる

スポンサーリンク


確定するための検査として、二つの検査が提案されました。

T-Spot(T-スポット)という血液検査

乳児でも比較的正確に結核菌陽性かどうかの判定ができるそう。ツベルクリンと違ってBCGや、他の菌の感染の影響を受けないそうです。
ただし、これも100パーセントではない。

胃液中の痰を採取して結核菌検査

これは100パーセント確実に感染の有無がわかる検査。
大人なら普通に痰を吐いて中の菌を調べればいいんだけど、乳児は自分で痰を吐けないので、飲み込んだ胃液の中の痰を採取するのだそうです。

鼻からチューブで!しかも日を置いて三回必要とのこと!大人でも過酷な検査!

判断はお母さんがしてください。

この日すでに12月22日でした。
年末年始もはさみます。
胃液採取の検査の予約をするなら早くしなければ。

「先生ならどうされますか?」
「私なら確実に確認するために胃液採取をします」

………。

どうしてもその場で胃液採取の決断ができませんでした。

とりあえず今日血液検査でT-spot(T-スポット)検査をしてもらう。
その結果を見て、胃液採取の検査をするか決める、としました。

小児科で撮ったレントゲンが曖昧だったとのことで、再度医大で胸部レントゲンと、血液採取をしてもらいました。

「コッホ現象だとしたら、感染の時期は2ヶ月以上前くらいと思われます。
その辺で、感染者との接触の心当たりはありませんか?
今の状況から、まだ薬は飲まなくて大丈夫思うので、結果を待って下さい。
ただ、風邪を引いたりすると、結核との区別がつかなくなるので年末年始は自宅で大人しくしていてください」

「結核感染していたとして、他の人に移す可能性はありますか?他の子供との接触は避けたほうがいいですよね」

「いや、特に症状も出てないし大丈夫ですよ


えーそうなの?
結核って、確かに昔に比べたら不死の病ではなくなったけど、十分恐ろしい印象だったんだけど、保健師さんといい、医大のDr.といい、割りかし落ち着いている印象。

でも、他の人との接触は出来るだけ避けることにしました。
公園や支援センターももちろん行かず、年末年始もジジババの家に行く予定をキャンセル
(ジジババのダメージ大)

年明け2週目に結果を聞きに行くことになりました。
後編へつづきます


カテゴリ
タグ

BCGの予防接種でコッホ現象が出た時の話

娘さんがBCGの予防接種をしたのは、生後10カ月になる12月の冬でした。
BCGの予防接種は現在、生後一歳までに、標準的接種期間は生後5ヶ月〜8ヶ月となっているので、少し遅めでした。


一般的な反応は…

BCG接種後は、一般的に接種後10日頃から接種した場所に赤いポツポツができ、一部にうみが出ることもあります。だんだんかさぶたができて、時間をかけて小さな傷跡が残るだけになります。
これは、BCG接種によって免疫がついた証拠なので、全く問題ありません。
予防接種の際に、Dr.から、写真付きのパンフレットをもらって私も上記のような説明を受けました。

ところが娘さんの場合、接種の翌日の朝に接種部位がぷくぷくと膨れてきました。

20170727071607a33.jpg

あれ…パンフレット写真と同じ腫れ方だけどこんなに早く反応するのかな?
出るのは10日から2週間くらいって言われたような。

慌てて接種した小児科に電話すると、すぐ来てくださいとのこと。

一目見てDr.

コッホ現象かもしれない」

「ご家族の方に、結核に人とかいないですか?お爺ちゃんお婆ちゃんとか。
そういう人に接触は?」

全く心当たりありません。

「コッホ現象だったら保健所に連絡して、ご家族も結核の検査を受けてもらうかもしれません


コッホ現象って何?

コッホ現象というのは、BCGの接種前にすでに結核菌に感染している場合に出る反応だそうです

通常接種後10日以上たって起こる接種部位腫れが、数日以内の早いうちに起こります。
うちは翌日でした。

その日は、血液検査、胸部レントゲン撮影をしてもらい、ツベルクリン反応をみる為の注射をしました。
ツベルクリン反応とは、結核菌感染の有無を調べる検査で、2日後に結果がわかります。

2日間、気が気でなかったです。

これまで濃厚に接触をしてる人間は、私、夫さん、私方のジジババ。
夫さん方のジジとは、出産直後にちょっと会っただけだし…。

念のためジジババに連絡してみるも、もちろん結核ではないし、過去になったこともない。
もちろん私たち夫婦も。
でも、夫さんの職場は病院。
まさか菌をもらって…?そういえば数日前風邪で咳をしてたけど…。

これは小児科から帰宅後。時間を追うごとに腫れがひどくなる…。
20170727071609fd4.jpg

スポンサーリンク


眠れない夜を過ごしながら2日後。

血液検査は炎症に数値などを見てくれたようで、特に異常なし
レントゲンも影などなく、問題なし

ツベルクリン反応は、ネットで1センチ以内なら陰性、と聞いていて
家で自分で測ったら8ミリだったんですよ。
だから「陰性に違いない」と心の中で祈ってたんですが…。

物差しで測ったDr

9ミリですね。疑陽性です。

念のため結核の薬を飲みましょう

飲みはじめたら、忘れることなく半年間、きちんと飲まないといけません

抗結核薬、イスコチン(イソニアジド)です。

肝機能の数値に影響が出ることがあるので、定期的に血液検査をしながらの服薬になります

ガーーーーーーン

帰りに調剤薬局で

イスコチン(抗結核菌薬)
アデロキシン散(ピリドキシン塩酸塩=ビタミンB6 。イスコチンで欠乏が起こるビタミンB6を補う目的で処方)

を処方される。


でも、コッホ現象じゃない可能性もある?

しかし翌日、納得しなかった夫さんを伴い再来院し、紹介状をもらい近隣の医大病院を受診。
感染症の専門のDr.に見てもらえました。

ツベルクリン反応に疑陽性、というのは今はなくて、ツベルクリン反応としては陰性でいいということ。
接種部位反応の激しさからコッホ現象の可能性が高いとは思うが、他に、確認できる検査があることを聞いてお願いすることに。

結局色々あって3ヶ月後には、コッホ現象ではなく、ニセコッホ現象だったことがわかったのですが、その件は次回の記事に続きます

カテゴリ
タグ

夕方からの突然の嘔吐!初めて♯8000に電話しました。嘔吐後の水分補給は慎重に。

いつも夕方しているお散歩に行きたがらず(今思えばこの時から元気なかったのか…)
お部屋で遊んでると

急にゲポーと大量に嘔吐!!

ゲポー、ゲポッ、ゲポッって感じで3回くらい。
赤ちゃんの時のミルク吐きみたいに勢いよく。

嘔吐の内容物は、4時ごろ大量に飲んだ牛乳と、昼食後のデザートに食べたスイカ

自分でビックリして泣き出す娘ちゃん。

「大丈夫大丈夫!まだ出そう?」

心で動揺しながら娘ちゃんをなだめ、お風呂でシャワー。

熱を測ったけど平熱。
娘ちゃんは吐いてスッキリしたのか機嫌よく遊んでる。

この時は
「牛乳飲みすぎたのと、スイカ食べすぎたので消化が悪かったのかなー」
程度に、たいしたことないと思ってました。

ところがその後も連続嘔吐!

経過を書きますと


17:30 嘔吐 内容物は牛乳とスイカ大量 (これが最初の嘔吐です)
その後元気 平熱。

18:30 嘔吐 内容物は牛乳とスイカ 。
吐いた後はケロっとしてる。平熱。

18:50 喉が渇いたと、リンゴジュース250ml一気飲み。

19:30 嘔吐大量、内容物はリンゴジュース。平熱。

こんなに連続で吐くなんて大丈夫か?病院行くか?
と悩むも、行きつけの小児科も、その他近所の小児科も19:30が最終。
一応19:30までの小児科に電話をしてみたが、もう見れないと当然断られ…。

201712261912415f3.jpg


そうだ!と♯8000に電話!

♯8000 小児救急医療電話相談(全国同一短縮番号)
かけると専門の看護師さんが相談に乗って助言をくれるというお助け電話。


子供が生まれてから、幾度となく色んなパンフレットやら市のチラシなんかで聞いてた番号ですが、2歳半になって初めてかけました。

子供の年齢と、住んでる市をまず聞かれました。

経過を説明すると、顔色が変わってないことや、熱がない事、痛がってない事などを色々確認され、

①吐いた後はスッキリしているようだし、胃腸が弱っていて中の物を出そうとした可能性がある(風邪などを引いているのかもしれない)

②そこへ大量のジュースを飲ませたので、刺激になって3度目の嘔吐に繋がっている。
脱水症状が心配なのだと思うが、水分補給は嘔吐から1時間空けて、少しずつ時間をかけて、暖かい白湯や麦茶などでして下さい。

③吐いた後はスッキリしているようなら様子を見ても大丈夫かと思われます。

④ただ、嘔吐が激しくなったり、内容物がなくなっても胃液だけを吐くようなら病院に行く必要があるかもしれない。
様子を見て、心配なことがあったらまたいつでもこの番号にかけて下さい。


すごく丁寧な対応でした。
念のため、うちから一番近い夜間対応の診療所を聞いて電話終了。

3回目の嘔吐前に、いっぱい吐いたから水分補給を…と欲しがるだけジュースを飲ませたのは大失態でした。
ごめん、娘ちゃん。


その後指示通り、嘔吐1時間後からぬるめの麦茶を少しずつ飲ませる。

20:30 麦茶ぬるいの少しずつ。

20:40 また嘔吐 ! 内容物は麦茶とリンゴジュース。平熱。

「お腹痛い」


腹痛も時々訴えるようになり、また♯8000に電話する。


症状を説明。顔色や、腹痛に波があることなどを確認される。

①波があるので胃が入ってきたものを出そうと収縮をしてるのだと思われる。

②蒸しタオルや風呂の湯温程度のお湯を入れたペットボトルにタオルを巻いてお腹に当てると楽になるかもしれない。

③腹痛が強くなったり、痛みが1時間続いたりする顔色が変わるようなら病院へ


電話終了。


21:30 嘔吐。内容物はリンゴジュースと麦茶。

22:00 吐きそうというが出ず。熱 37.7。微熱。腹痛は訴えなくなる。

寝る。

0:00 麦茶欲しいと起きる。ぬる目の麦茶コップ半分程度を時間をかけてゆっくり。熱37.1。

3:00 麦茶欲しいと起きる 。0:00に飲んだ後平気だったので、もう大丈夫かなと思い、
コップ半分程度を二回に分けてあげる。

3:30 麦茶を嘔吐 熱37.4。

ごめん…補給の仕方が早かった。

6:30 起床。ぬるい麦茶コップ半分を、15分かけて飲む。 熱 37.8。

翌日は、時間を計りながら、少しずつぬるい麦茶で水分補給をさせながら様子を見て、

9時になってやっとかかりつけの小児科へ


やはり、胃腸風邪との診断でした。


①嘔吐は半日から1日続く可能性がある。それ以上続くならまた診察に来て下さい。

②今日は食事はいいので、とにかく水分補給を心がけて。スプーンなどで少しずつ、様子を見ながら経口補水液をあげて下さい。

③食事を始める時はおかゆなど、消化のいい炭水化物だけ。



ごめん。母の水分補給の仕方が悪くて苦しませました。

ものすごく反省です。


その後は、アクアソリタを買って帰って、欲しがってもなんとかなだめながら少しずつ補給。

時々吐き気があるも、吐くことなく、最初の嘔吐から丸一日経つ前に元気になっていきました。

以前下痢の胃腸風邪になった時は、脱水症状手前になりとにかく水分補給を、と医師に指示されたことが頭に浮かんでたんですね。

でも嘔吐の時は、胃が受け付けないんですね。刺激になって余計吐いちゃう

水分を欲しがるのを調節するのは凄く難しいです。
心を鬼にしないといけませんね。

でも♯8000のおかげで、翌朝まで様子を見れました。凄く頼りになりました。



にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
カテゴリ
タグ
Copyright © 42歳から頑張る!高齢出産、高齢育児 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます