お金のカテゴリ記事一覧

高齢出産母ならではの、不妊治療、出産、育児、お金、ママ友付き合いなどなど。

カテゴリ:お金

  • 2017/07/01出産関連費用

    予定帝王切開で私が病院でかかった医療費をご紹介します。入院日数:出産前日から11日間入院手術内容:腹式帝王切開術麻酔方法:硬膜外麻酔→全身麻酔(赤ちゃんが出てから全身麻酔で後産)特記事項◯術後も「硬膜外麻酔後の局所麻酔の持続的注入」を1日してもらっていました。◯入院日から5日目 風呂トイレ付なしの個室(差額あり) 6日目から退院まで 風呂トイレ付きの個室(差額あり)出産費用明細書をみると入院料 0円室料差額 ...

    記事を読む

  • 2017/06/08出産関連費用

    出産費用とは別の、出産準備費用ってどのくらいかかるもんなのか?初めてのことだと、本当に分かりませんよね。42歳で初妊娠した私も、全く手探りでした。出産準備費用の平均って?妊婦検診で通ってた病院の待合で読んだ出産雑誌に「妊婦健診別で平均8万円」って書いてあったんですよ。で、私もそれくらいでやっていこう、って目標決めたんです。実際私がかかった内訳をご紹介します。ここで言う出産準備費用は、「妊婦健診や妊...

    記事を読む

予定帝王切開でかかった費用、私の場合。妊娠前の医療保険加入は大事です。

予定帝王切開で私が病院でかかった医療費をご紹介します。

入院日数:出産前日から11日間入院
手術内容:腹式帝王切開術
麻酔方法:硬膜外麻酔→全身麻酔(赤ちゃんが出てから全身麻酔で後産)

特記事項
◯術後も「硬膜外麻酔後の局所麻酔の持続的注入」を1日してもらっていました。
◯入院日から5日目 風呂トイレ付なしの個室(差額あり)
6日目から退院まで 風呂トイレ付きの個室(差額あり)

20171226210914de3.jpg


出産費用明細書をみると

入院料 0円
室料差額 57,750円
分娩介助料 135,000円
分娩料 ー円
新生児管理保育料 120,830円
産科医療補償制度 16,000円
その他 54,790円
一部負担金等 89,716円
妊婦合計負担額 474,086円

代理受取額 420,000円(出産育児一時金)

実際請求されたのは、
妊婦合計負担額474,086円−出産育児一時金の420,000円=54,086円
プラス、入院中娘ちゃんが受けた聴力検査代6,000円
合計 60,086円でした。


出産育児一時金は病院が受け取り代理をしてくれて、引いてくれていたので簡単でしたが、病院によっては産後に自分で申請しなければいけないところもあるんですよね。



ちなみに自然分娩から緊急帝王切開っていうパターンだと…

平成28年度の診療報酬点数表を見ると

緊急帝王切開22,200点
選択帝王切開20,140点

となってます。平成27年に産んだ私も、明細表見たら、20,140点になってました。
ということは、帝王切開術は保険が効くので、3割負担で60,420円。
緊急帝王切開の場合、3割負担で66,600円。

保険が適応されるので、高額療養費制度が使えて月の上限が決まってるのでそこまで高くなることはなく、自然分娩した場合と大きく変わらないという方も多いようです。


医療保険に入っているとお得です

ただ、自然分娩と違って、帝王切開をした場合、条件によって医療保険から給付金が貰えます。

今更ながら思うんですが、妊活をする人は妊娠前に、手術でお金が降りる医療保険には入っていた方がいいです。高齢出産にかかわらず、ですが、帝王切開になる率が高い高齢出産ならなおさら!

妊娠後の加入だと帝王切開手術を保証して貰えません。

私は妊娠前から県民共済に入っていたので給付金が貰えました。
でも、入院は保証してくれるけど(病気入院1日4,500円)手術は保証してくれないプランに入っていたのでちょっと損した気分。
あー不妊治療する時にすぐ医療保険のプランを変更しておけばよかった。

いえ、4,500円×11日=49,500円は貰えたので、十分ありがたかったですけどね。

ちなみに、確定申告で医療費の申告をする場合、医療保険でもらった金額は引いておかなければなりません。


※コメントでご指摘頂いて、一部記事を訂正してます。

カテゴリ
タグ

出産準備費用、いくらかかる?

出産費用とは別の、出産準備費用ってどのくらいかかるもんなのか?
初めてのことだと、本当に分かりませんよね。

42歳で初妊娠した私も、全く手探りでした。

20171224215259a16.jpg


出産準備費用の平均って?

妊婦検診で通ってた病院の待合で読んだ出産雑誌に「妊婦健診別で平均8万円」って書いてあったんですよ。
で、私もそれくらいでやっていこう、って目標決めたんです。

実際私がかかった内訳をご紹介します。
ここで言う出産準備費用は、「妊婦健診や妊娠中トラブルにかかる医療費」「マタニティ用品」「出産入院準備品」「出産後の新生児用品」です。
雑誌では「お宮参り費用」や「内祝い費用」も入ってたように思うんですが、私はこれは入れてません(^_^;)


○妊婦健診 (トラブルがあって2回ほど通院した分も含む) 33,840円 (雑誌では平均46,000円くらいでした)

○マタニティ費用 (マタニティウェア、下着、靴下、腹帯、トコちゃんベルトなど) 29,603円

○出産入院準備品 (パジャマ、ショーツ、授乳ブラ、術後腹帯、お産セット(病院で購入)など) 11,591円

○新生児準備用品、育児グッズ (ベビー服、肌着などからベッドやチャイルドシート諸々) 79,168円

合計  154,652円
妊婦健診抜きで 120,812円

う〜ん、、目標超えちゃった。

でもその後ネットなんかで見ると、出産準備費用の平均14万程度と書いてある記事もあったので、それと比べればまあそんなものかと。

妊婦健診に関しては平均以下ですね。しょっちゅう3Dエコー写真をもらってた割には安いんですかね。大きいトラブルがなかったせいかな。

もうちょっと節約できたのかな〜、と思ったりはするんですけど。


実際何にいくらかかったか?

一番かかってる新生児準備用品、育児グッズの内訳を見て見ると。



(小物)
ベビー肌着  2,499円 
ベビー服   5,445円
ガーゼ20枚 1,216円
綿棒      498円
洗濯洗剤   633円
爪切り  595円
汗取りパット 999円
防水シーツ  399円
紙おむつ  1,249円
布おむつセット 5,590円
哺乳瓶  1,398円
バケツ  216円
おくるみ 2800円(エイデンアンドアネイのガーゼです)
計23,537円


(大物)
ベビーベッド(アマゾンで中古品)  5,000円
寝具  5,709円
チャイルドシート 15,799円(リーマンの西松屋モデル)
エルゴの抱っこ紐  13,324円
ハイローラック  15,799円(コンビの西松屋モデル)
計 55,631円


合計 79,168円


無駄だったかもと思うもの

布おむつセットは、出産前は張り切って「布おむつにするぞ!」と思って買ったんです。おむつカバーと布おむつ20枚ほど。
でも、入院中娘のお股がカンジダになり、再発が怖くて布おむつだと湿気が来るんじゃないかと自信がなくて結局紙おむつに。
で、育児大変すぎて、多分そうじゃなくても紙おむつにしてたと思います。無駄でした。

おくるみも、おくるみで包んで寝かしつけるとよく寝てくれるってネントレの本を読んで買ったんですが、うちの子おくるみされると猛然と反発する子で全然ダメ。
まあ、春秋のベビーカーの防寒や、今でも夏の肌掛け布団かわりに使ってるのでいいけど、バスタオルでもよかった。

寝具は「綿100パーセント!」とか「国産」とかにこだわって買ったんですが、うちの子そんなに肌繊細じゃなかったんでもっと安いやつでよかった…。同様に洗濯洗剤も、子供用に「合成洗剤より石鹸!」とか思って「アラウ」とか買って洗ってたんですけど、以下同文…。
すすぎ1回でいい液体洗剤とかで十分でした。


節約したつもりのところ

ベビーベッドは猫を飼っていたので必須だったんですが、レンタルでも結構するんですよね。買ったのはミニサイズですが、レンタル品落ちの中古で5,000円は結構いい買い物だったんじゃないかな〜。生後10ヶ月くらいまで使いました(あとはベッドで添い寝)。
私が雑くてうっかり者なので、新生児のうちから添い寝はなんかやっちゃいそうで怖かったし。

エルゴの抱っこ紐は、偽物が怖くて(よくあるらしい)エルゴの公式サイトから買ったんですが、デザインが古いものがセールになっててそれを選びました。新生児用のインサート込みの値段なのでまあお得に買ったかなと思ってます。


慌てて買わなくても結構いけます

出産、育児準備品で必要なもの、あまり必要のないものって初産だとほんとわかんないですよね。

育児準備品は、今はネットですぐ変えるので、あまり慌てて揃えなくてもよかったかな、と今なら思います。
先に買いすぎると無駄なものも結構ありました。

入院中にスマホでポチポチAmazonさんに頼んで十分間に合います。

私はAmazonファミリーに登録して、1年間実質無料(年会費と同額の、ベビー用品に使える3,900円分のクーポンがもらえる)でプライム会員のサービスを受けました。
おむつとおしりふきが定期おトク便でいつでも15%OFF。配送料無料で最短当日お届け。
ベビー用品ほか限定セールなど、Amazonファミリー特典あり。

オムツも大概Amazonが安いのに、さらに割引があってすっごい重宝しました。



ついつい「いるかも」と思って先走って買っちゃうんですが、細々したものですぐに必要ないものは、様子を見てから購入、無駄がなくてオススメです。
カテゴリ
タグ
Copyright © 42歳から頑張る!高齢出産、高齢育児 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます