スポンサーリンク

「帝王切開だと母乳が出にくい」

帝王切開のデメリットの一つとして、こういう意見も時々聞きます。

私の経験から言うと、半分正解、半分間違い、という感じ。。

私が産んだ産婦人科では、帝王切開で産んだ場合産後5日目から母子同室で授乳を始める決まりでした。
(産んだ日を0日、次の日を産後1日目と計算します)
産後3日後くらいまで、抗生物質やらの入った点滴をしていたので授乳ができなかったのは理解できます。
術後の傷も痛かったし。

で、初めての授乳。
ほとんど母乳は出ませんでした。

実は産後1日目の夜からパジャマが濡れるくらい母乳が出始めてたんです。
で、保健師さんに伝えて出産準備品の中にあった母乳パッドをつけてました。
母乳育児楽勝!と思ってました。甘かったです。

産後5日目にはもう全然出てませんでした

毎回、授乳前の赤ちゃんの体重を測って、授乳後再度測る。
で、増えたグラム数=授乳量として記録していきます。

これね、夜中の授乳も毎回やっててもうノイローゼみたいになりましたよ。

産後5日目 正午から授乳開始。3時間ごと、9時まで。授乳回数4回 授乳量合計 32ml
産後6日目 0時から21時まで3時間ごと プラスα。授乳回数12回で授乳量合計 8ml

初日より減ってるがな。

もう全然出る気がしない。
保健師さんが日齢に合わせた量のミルクを毎時間届けてくれるので、授乳量が少なかったらそれを飲ませます。

産後6日目からは、頻回授乳すると乳量が増えるという記事をネットで読んで1日12回以上授乳しましたが、さっぱりです。
母乳マッサージしたり、シャワーで乳房をあっためたり、ほんとおっぱいのことで頭いっぱいでした。

保健師さんに相談しても、
「最初はそんなもんよーそのうち出るわよー」
と呑気なもん。
ほんと、たいしたアドバイスも頂けず、キリキリしました。

今だから思うこと。
出産前に母乳に関する勉強をしておいたほうがいいです!
これは帝王切開に限りませんが。

「母乳育児に力を入れています」
とかホームページに書いてあったはずのこの産婦人科、保健師さんは全然そういう感じではなく頼りになりませんでした。

自分でネットで調べながらやってましたもん。

母乳が出なかった原因、今ならわかります。

① 産後1日目に母乳が出始めたのに、搾乳していなかった。

赤ちゃんに飲ませない日が続けば止まるんです、母乳って。
赤ちゃんが飲むぶんだけ作られるので、都合で飲んでもらえなかったら自分で搾っておかないと、次から作られなくなっていく。
そんなことも知らなかった。保健師さんも何も言ってくれなかったし。
ちゃんと母乳の勉強をしておけばこんなことにならなかったと思います。

② 母乳が出ないことにすごくストレスを感じていた。

ストレスも母乳の出にダイレクトに響きます。体重計の結果を見るたびにすごい鬱々としてました。

③ めっちゃ睡眠不足だった。

母子同室始めてからほとんど寝てません。
ミルクメインのせいもあるのか3時間くらい寝てくれる我が子だったんですが、私は緊張と興奮と、母乳が出ないストレスでほんと眠れなかった。
今思えば新生児室に子供を預けてでもゆっくり寝る時間を作るべきだったかも。
その後、家で育児をしてるうちに、よく寝たほうが母乳が出る!を実感しました。


結局退院後もなかなかまとめて母乳が出ず、母乳と人工乳混合で4ヶ月は過ごしました。
その後、母乳メインになりました。
でも、生後10ヶ月で卒乳したんですが、8ヶ月くらいまでは夜だけ1回、ミルクを足してました。

別に人工乳でもいいんですよ。
でも、知識さえあればもっと早くから母乳メインでいけたと思ってます。
母乳の何がいいって、楽なんですよね!
夜中にミルク作って飲ませて哺乳瓶消毒して、ってほんとにしんどいです。それも何回も。

母乳にこだわり過ぎるのも良くないと思います。
うちの妹なんかもそうでしたが、母乳が出なければ人工乳で。
それでも十分元気に愛情いっぱいで育ちます。
こだわり過ぎてストレスになったら余計出ませんし。

でも、知識があればなんとかなる場合もある。しかも結構最初が肝心

結論
「帝王切開だと母乳が出にくい」
は私の場合、授乳開始が術後のため遅れたからで、知識がなくてその対策ができなかったから
、だと思います。
帝王切開だから、という理由で母乳が出ないってことはなかったです。

出産前に、母乳こと、授乳のことはしっかり勉強しておいたほうがいいです!



にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

カテゴリ
タグ