スポンサーリンク


寒くなって来ましたね。
そろそろ風邪にを引かないように対策をしていかなければならない季節です。

娘ちゃんも0歳、1歳の冬はよく風邪を引きました。
発熱や下痢の症状も大変ですけど、風邪のたびに鼻水、鼻づまりで苦しんでるのがかわいそうでした。
寝てても、鼻水が喉の奥に落ちるから咳き込んで泣いて、何度も目が覚めちゃうんですよね。

乳幼児は上手く鼻が噛めないし。


乳幼児の鼻水を上手く吸ってやるにはどうしたら良いのか?

Amazonで人気だった、こういう口で吸うタイプの鼻水吸引器「ママ鼻水トッテ」を買おうかと思ったんですが、

「口で吸うタイプはお母さんが風邪をもらう」という口コミをみて断念。


で、最初に、口で吸わなくて良くて安価な「鼻水キュートル」を買いました。

が、私のやり方が下手なのか、びっくりするほど全然吸えない


悩んでいたところ、母が
「ハンガリーかどっかで、鼻水を掃除機で吸引する器具があって、それを使うと子供が風邪ひきかけてもすぐ治るってテレビでやってたよ」
と教えてくれて。

そのハンガリーで使われてる器具は分からなかったんですが、これだ!という製品を見つけて購入しました。

耳鼻科の先生が考案っていうのが良いですよね。

20171109233919906.jpg

20171109233921841.jpg
こういうのが一式入ってます。


掃除機への取り付け方はこんな感じでします。簡単です。
2017110923392138e.jpg


1歳の頃、実際使ってみた感想。

購入してしばらくして娘ちゃんが風邪を引きました。鼻水が詰まって苦しそうで愚図ってます

掃除機に取り付けて、ノズルを娘ちゃんの鼻の穴にくっつけて吸引。
掃除機の音がうるさいのと、強い吸引力にビックリして娘ちゃん大号泣!

私の両足で娘ちゃんの体を腕ごと押さえつけ、娘ちゃんの鼻の穴にノズルをくっ付けると、
ズビビビビビーッと、水っぽい透明なのも、色のついた粘っこいのも問わず、まあ取れる取れる!

毎回吸引するたびに泣いて嫌がるので、おさえつけてやってました。
かわいそうでしたが、鼻水が詰まってる状態で寝れない方がもっとかわいそうだったので。

それ以来、風邪で鼻水、鼻づまりがひどい時は

・加湿器をつける
・ヴィックスヴェポラップを塗る
・上半身を高くして寝かせる
・鼻が苦しそうな時はハナキューチャンで吸う


で、何度か乗り切りました。

ちなみにヴィックスヴェポラップも鼻づまりに結構良いです
息苦しそうな時も、塗るとしばらくは安眠してくれます。
生後6ヶ月から使えるので安心。

急な風邪に対応できるよう、すでに常備してます。


先日、ちょっと鼻水が出始めてたんでハナキューチャンで吸いましたら、
風邪が悪化することなく、2日ほどで鼻水も治まりました。

去年と違い、成長とともに体力がついて免疫力が高まったせいかもしれませんが。

本人も、2歳になると
これをやると鼻がスッキリする
を理解したのか、あまり嫌がらずやらせてくれるようになりました。

この冬も活躍してくれそうです。
鼻水が出たら早めに使っていこうと思います。


使える掃除機と使えない掃除機があります。

うちのは古いシャープのサイクロン掃除機です。こういう昔ながらの掃除機の方が使えると思います。
2017110923392366b.jpg

ダイソンのスティックタイプのコードレス掃除機(Dyson V8 Fluffy)では使えませんでした。


ハナキューチャンのメリット、デメリット

メリット
・掃除機なのでとにかく強い吸引力。粘っこいのも含めしっかり鼻水が取れます。
・電動式より安価。数千円で買えます。

デメリット
・掃除機なので音がうるさい。夜中に吸引するとき気を使います。
・いちいち掃除機を持ってくるのがめんどくさい。
・器具の洗浄、消毒がめんどくさい。

消毒については、
5回使用につき1回、哺乳瓶用の消毒薬で消毒するよう取説に書いてありましたが、
私は使用中、1日1回手指の消毒薬を、ノズルの中とか容器の中に噴霧して消毒してました

横着者です。


風邪をひいた夜は、一晩掃除機と吸入器を出しっぱなしにして都度洗わずに吸引し、翌朝洗って消毒してました。
(再感染防止から考えると、都度洗った方が良いかもしれませんが余裕がなかったので)


ちょっと安い簡易版も出てるようです。

スポンサーリンク