スポンサーリンク

前回の記事で書いたように、

本日(11月4日)、遅ればせながら娘ちゃん(2歳9ヶ月)のインフルエンザ予防接種へ行ってきました!
土曜日の診療後の午後に、予防接種専用の時間を取ってくれる医院で、受け付けから問診、注射終了まで10分程度で終わりました。

院長先生が聴診器で診察し、喉を見てくれた上でワクチン接種。

先生に、
「ちょっと痛いよー」
と言いながら注射されるも、娘ちゃん無反応!
むしろちょっと顔が半笑い。

後で
「痛くなかったの?」
と聞いたら
「ちょっと痛かったけど大丈夫だったの」
ですと!

なんか成長したなーと感慨深かったり、可愛かったり。


2回目の接種の予約を2週間後から3週間後に変更しました。

幼児のインフルエンザワクチンは2~4週間の間隔をおいて2回注射する事になっているんです。
前回の記事でも書きましたが、12月も近いこともあって2週間後の11月18日に2回目の予約を取っていたのですが、後から

2回接種を行う場合の接種間隔は、免疫効果を考慮すると4週間おくことが望ましい。(インフルエンザHAワクチン「生研」添付文書より)


という事実があることに気づきショック受けたわけです。

ただ、2回目を4週間後にすると接種が12月2日。
12月〜3月が流行シーズンと考えると、もうちょっと早くに2回目を終わらせたい。

悩んだ結果、3週間後に2回目の予約を取り直しました

ちなみに2回接種の場合のワクチンの免疫持続期間について、

2回接種した成績によりますと、接種1~2週間後に抗体上昇し始め、2回目の接種1ヶ月後までにはピークに達し、3~4ヶ月後には徐々に低下傾向を示します。したがって、ワクチンの効果が期待できるのは接種後2週から3~6ヶ月までと考えられています。(北里第一三共ワクチン株式会社のホームページより)


同ホームページ内で、ワクチンの効果を高めるのにより最適な2回目の接種までの間隔は3~4週間隔、との記載もありました。


幼児の副反応は?

「インフルエンザHAワクチン「生研」」の添付文書を見ると(娘ちゃんが接種されたのがこの製品でした)

6ヶ月以上3歳未満の主な副反応は
注射部位の赤み、腫れ、発熱、注射部位の痛み、痒み、などでした。

その他の副反応として、記載されていたのが(6ヶ月以上3歳未満、2回接種で)
5%以上(発熱、紅斑、熱感、硬結、腫脹、疼痛、そう痒感、下痢、ウイルス性胃腸炎 、鼻咽頭炎、鼻漏、上気道の炎症)
0.1~5%未満 (蕁麻疹、倦怠感、蒼白、気管支炎、湿疹、ヘルパンギーナ、膿痂疹 )

午後3時に接種してから夜9時に寝るまで、今の所、接種部位の腫れなどもなく、何も起こってません。

重大な副反応としてよく問題にされるショック、アナフィラキシー(蕁麻疹、呼吸困難、血管浮腫等)も特になく、ホッとしました。

これは、接種後比較的早い時間に起こる副反応ですので、接種後しばらく(30分程度)病院で様子を見てから帰宅するといいです。

他にも重い副反応として、急性散在性脳脊髄炎、脳炎・脳症、脊髄炎、視神経炎、ギラン・バレー症候群、けいれん、喘息発作、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(頻度不明)……。

などなど、因果関係がはっきりしないものも含まれているようですが、
あまりにズラズラと記載されててちょっとビビります(苦笑)

まあ、これまで乳幼児期に接種してきたワクチンにもある程度はこういう副反応の記載はあるので、心の片隅で注意しながら生活するしかないなーと思います。

2回目の予約日まで風邪を引かせないよう気をつけなければ!

スポンサーリンク