インフルエンザの季節ですね。

201711300114476b6.jpg

親二人は早々に接種を済ませたのですが(夫さんも私も医療従事者なので基本的に毎年うけてます)
娘さんはどうするか悩んでいたので出遅れました。

かかりつけの小児科も耳鼻科も、10月末に問い合わせた時点で予防接種の予約を終了していました!
ガーン!
小児科では、ワクチンが追加で手に入ったら再開しますが時期は未定です、とのこと。


幼児へのインフルエンザワクチン、その有効性は?

2歳児に、しかも保育園に行ってないのにインフルエンザの予防接種は必要なのか?効果があるのか?
と悩んでたんですよ。
「就学前の小児のインフルエンザワクチンの、有効率は20%〜30%(小児科学会の2004年の見解)」
というのを知っていたので。

で、実際のところどうなのか調べてみました。

2012年の日本ワクチン学会で、園乳児、園幼児、小学校低学年でインフルエンザワクチンの有効性を認める報告がされています。
そこでは、園乳児組は56.8%と有効率が高く、未就園児では23%の有効率という結果。

ワクチン未接種群の2回接種群に対するインフルエンザ罹患リスク比(相対危険度:RR)と有効率を求めたところ、未就園が1.298(有効率23.0%)、園乳児組が2.314(56.8%)、園幼児組が1.289(22.4%)、小学校低学年が1.677(40.4%)、小学校高学年が1.716(41.7%)だった。このうち園乳児組、園幼児組、小学校低学年において、統計的に有意な効果が認められた。(第16回日本ワクチン学会学術集会)


この結果を見ると…。
保育園に通っていたら感染する可能性も高いし、効果も高いようなので迷わず受けます。
でも通っていない場合。感染の可能性が通園児より低い上、効果も23%。
この23%をどうみるか、ですよね。

一方、厚生労働省のインフルエンザQ&Aを見ると、
 

乳幼児のインフエルエンザワクチンの有効性に関しては、報告によって多少幅がありますが、概ね20~50%の発病防止効果があったと報告されています。また、乳幼児の重症化予防に関する有効性を示唆する報告も散見されます。(厚生労働省のホームページ、インフルエンザQ&A)

とのことで、重症化予防の効果は期待できそうです。


我が家の結論。インフルエンザワクチン接種することに。

夫さんとの家族会議の結果、20〜30%でも効果があるなら受けようという結論になりました。
重症化予防も少しでも期待できれば、接種する意味はあるし。

保育園に通ってないとはいえ、2歳の娘ちゃんは現在、支援センターなど行きまくり、週一回のプレ幼稚園もあります。
大きな商業施設にもよく行きます。

インフルエンザ感染する機会は十分にありそうですから。


インフルエンザ予防接種、する?しない?

せまいせまい人間関係の私調べで恐縮ですが、
・同じ学年(来年幼稚園入園の2〜3歳)
・未就園児
・週一回程度のプレ幼稚園か、習い事に通っている
という子供さんのインフルエンザワクチンの接種状況を調べたら、

した、あるいはこれからする 4名(私含む)
しない 1名
でした。

しない人は、基本的に定期接種以外はしないつもり、という方でした。
ただ、した4名のうち2名は、上に幼稚園通園中の兄弟がいました
感染のリスクが一人っ子の我が家よりだいぶ高そうですもんね。

するかしないかは、副反応のことも考えた上で各家庭で親が決めるしかないことだなあ、とは思います。


結局、違う小児科で予約できました!幼児の接種回数とその間隔は?

日曜診療をやっていて、時々お世話になっていたもう1つの小児科に問い合わせたらまだ受け付けてますとのこと。
急いで予約をして来ました。

11月4日に接種して来ます。2回目は2週間後の18日にしました。

生後6ヶ月から13歳未満は2〜4週間開けて2回接種。
この病院では、一回3,500円。二回で7,000円。
厳しいー!

2回目を4週間開けずに2週間にしたのは、流行の時期までに接種を終わらせる為と、
風邪などで受けれなくなる可能性を考えて医院の受付さんに勧められたからですが、
帰って検索して見ると、

接種間隔はおよそ2~4週間とされていますが、できるだけ4週間程度の間隔をあけて接種した方
が免疫の獲得は良いと言われています。(アステラス製薬ホームページ)

とあるのを見つけて
またまたガーン!です。

2回目の予約日を変更するつもりです。
3週間後か4週間後に。

そういうわけで、行って来ます!
娘ちゃん、がんばれ!

関連記事

スポンサーリンク


クリックいただけると励みになります!
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
オススメ記事(スポンサーリンク含む)