スポンサーリンク

この春1番熱くて話題の恋愛ドラマ!『おっさんずラブ』が最終回を迎えましたね!

娘ちゃんが幼稚園に行き始めてから時間的に余裕ができて、今期は結構ドラマを観てるんです。
お昼ご飯の時間を利用して、録画やTVer の見逃し配信でドラマ視聴三昧。

その中でも1番ハマったのが、男同士の恋愛を、真面目にコミカルに、そして相当キュートに描いた『おっさんずラブ』!

オタク気質な高齢母。
今回、母の顔を忘れてちょっと羽目を外して萌えてますのでオタクっぽいのとか萌えとかお嫌いな方は読まないことをお勧めします。

田中圭さんって何でこんなに色っぽいの?


ドラマで、2人の男性から好意を持たれる主人公を演じる田中圭さん

実は私、娘ちゃん出産後はあまりドラマを観てなかったんで、『軍師官兵衛』で石田三成をやってたイメージしかなくって。
この三成がすんごい嫌な奴で「この人演技上手いんだなあ」とは思ってました。

それがこんな変顔しまくりの、超可愛い愛すべきバカ役もこなせるなんて、俳優さんはやっぱりすごいなあ…。
田中圭さんの可愛さ観たさに何度も観てしまってます。

なんかね、家族に隠れて(笑)
恋なのかしら、妙に後ろめたいこの感じ。

イケメンはイケメンだけど、そこまでって訳でもないのにこの色気はなんだろう?
と思ってるんですが、やっぱりあのぽってりした唇ですかね?

ホクロが顔の真ん中と、そのポッテリした唇の上にあるじゃないですか。
あれがちょっとアンバランスな感じがして。
部長や牧に迫られた時に、その口が半開きだったり、しっかり閉じてないと隙のようなものを感じさせるのかなあ。

……って、何を真剣に考察してるのやら。

ホント、久々にドップリはまって楽しいドラマでした。
終わってしまって寂しすぎる…。

思わず『おっさんずラブ 2016年版』を観てしまった!


Amazonビデオで動画レンタルできます。

第3夜 おっさんずラブ

最終回を待つ間、寂寥感に耐えきれず『おっさんずラブ 2016年版』を動画で観ました

auユーザーでしたら、auビデオパスでも見れます。無料期間で見ればタダなのでおススメ!



※連続ドラマ版も見れます。

このドラマ、もともと短時間のスペシャルドラマがあって、それを元に今回の連続ドラマ化になってたんですねー。

※ネタバレ注意※


主人公 春田:田中圭さん
ヒロイン 部長:吉田鋼太郎さん

というキャストはそのまま。

ライバルは
牧凌太 :林遣都さんではなく、長谷川幸也:落合モトキさん
違う部署の後輩、になっていて、同居してるのは同じ。
会社が不動産会社ではなく、文具製作メーカーだったり、部長がバツイチだったり設定もチョコチョコ違う。

でも、話の流れやセリフは踏襲してる所が多いです。

この長谷川(ハセ)、牧に比べるとSっ気みたいのはないし、自分の中だけで勝手にうじうじ悩む描写もなく、ストレートで素直な感じ。
まあ、50分足らずのドラマなんでっていうところはあるんでしょうが。

牧の方が、その魅力や苦悩がゆっくり描かれてるので、観てる方も感情移入しやすいというのはあるかな。
ただ、ハセも家庭的で一途で魅力的です。
部長と春田を取り合って喧嘩するシーンは牧の上を行くかも(笑)

春田の変顔もあるけど連続ドラマよりはくどくない。
アホさや可愛らしさは、連続ドラマの方が時間をかけてじっくり描かれてます。

部長は安定の、『男らしいのになにその乙女!』
すごいなあ、吉田鋼太郎さん。
プレゼントと一緒に春田に渡した手紙も泣けた…。
何かに頑張ってる人がもらったら、こんな手紙嬉しくて惚れると思う!

しかし、連続ドラマを先に見てる身としては結構かけ足で過ぎ去った感じではありました。

ハセが春田に惚れた過程はすっ飛ばされてるし、春田がハセを好きになった(まだそこまでいってないのかな?)過程もイマイチ強くない。

でもでも!!ラストのキスシーンが秀逸過ぎる!

田中圭さんのほうけたような表情と、あの声とあのセリフ!

これから素敵なことが起こることを予感させる、あのラスト…。
連続ドラマの方の最終回はどんなラストで終わるのか?ドキドキしながら、家族が寝静まったリビングで静かに1人ドラマ鑑賞しました。

悶え死ぬ最終回!



※ネタばれ注意!※



いやもう!
色々思うことありましたが、ラストのシーンでやられました!
田中さんの声、色っぽ過ぎるやろー!

連続ドラマで2人の関係が進んだ分、スペシャルドラマほど余韻のある素敵なラストは超えられるのかな?と思ってましたが、違う方向で飛び越えて行きました!

2人でじゃれあって、何かに気づいた春田の戸惑った顔!(あれってああいう事ですよ…ね?)
牧の「我慢しないって決めたんで」がもーどこの少女コミックS系男子?
また蕩けそうな幸せそうな顔してるし、これが。

その後の春田の顔も、凄いよねー田中圭さんの演技。
好きとか、照れとか、戸惑いとか、欲望とか、全てごちゃ混ぜ。
そしてそして!おそらく、視聴者の殆どが待ち望んだ春田からのキスも!何という美しさ!
また綺麗に余韻を残しましたねー。
唇が触れる直前でタイトルが出て終わる。

先を予感させて想像させて、どんだけの人が悶えてるんだろう。
胸キュン!

このドラマって、王道月9路線とか言われてたけど、王道少女漫画路線ですよね。キュンキュンします。

えー恥ずかしながらさっきから何度も繰り返しキスシーンを拝見いたしております\(//∇//)\
キスシーンをリピートするなんて、アニメ『美女と野獣』のラストのキスシーンと、『ロングバケーション』のキムタクと山口智子の最初のキスシーン以来だわ…。
(アラフィフなんで古い話ですみません)

前回第6話ラストで、部長との同棲展開。
かなり世間をざわつかせた後でのこの最終回。
裏をかきつつ、みんなの望むところに着地させましたね〜。すごいなあ。

春田流されすぎやろ!
春田お人よしすぎやろ!
春田バカすぎやろ!
牧、独りよがりすぎやろ!

ちずも蝶子さんも、理解ありすぎのいい女すぎやろ!

そしてそして…部長がもう、ヒロインの名に恥じない、なんて優しくて強くて素敵なヒロインっぷり!!
(余談ですが、プロポーズのシーン、カッコよかった…けどあれは確かに断れない(笑))

これまで『ヒロイン牧じゃん』って思う回が多かったですが、そんな事はない!
宣伝の通り、ヒロインは武蔵部長でした。

いやもう、優し過ぎるでしょう。

部長を都合よく使っただけの、優柔不断で自分の気持ちにさえ鈍感な春田を、ここまで理解して、愛して、許すなんて。
君に会えてよかった…って言える?普通。
手紙も愛に溢れてて泣けた…。

まさしく、
「人を愛するってなに」
という命題に答えているのでしょうが、こんな愛は私には不可能だー。
親が子に与えるような、究極の愛ですね。

しかし、こんな風に字ズラにするとただのポンコツクズ男の春田を、ここまで愛すべき男に、かつ色っぽく演じた田中圭さんもすごい。

でも実の所、あんだけ散々あっても、普通に仕事が進むあの会社の環境が1番すごい。
披露宴キャンセルも、サラッと描かれてたけど結構な大ごとだよね。
色々都合よく大団円になってオイオイと思っても、多分みんなあの最期のキスシーンで吹っ飛ぶんだわ(笑)

DVD&Blu-ray化が決定!


2018年10月5日販売予定…。
基本的にテレビドラマのDVDとか買ったことないんですが…。
スペシャルドラマも収録されてて副音声も収録される!とか、めっちゃ欲しい!
録画はしたけど副音声は撮れてないのです。

【早期購入特典あり】おっさんずラブ Blu-ray BOX(ビジュアルカード3枚セット)


夫さんに内緒で買おうかなー。

勢いでこんな更新してしまうほど胸キュンしました。
誰かと語りあいたーい!
もう一回見返して寝よう(早く寝ろ)

【関連記事】


スポンサーリンク


クリックいただけると励みになります!
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
オススメ記事(スポンサーリンク含む)
タグ