予防接種のタグ記事一覧

高齢出産母ならではの、不妊治療、出産、育児、お金、ママ友付き合いなどなど。

タグ:予防接種

  • 2018/10/02子供の病気

    10月になりましたね!そろそろインフルエンザワクチンをいつ接種するか考える季節になりました。去年は未就園児の娘ちゃんに接種させるか悩んだり、インフルエンザワクチンの供給不足があったりして予約が思ったように取れず接種が遅れたりしました。が、今年はがっつり幼稚園児!絶対幼稚園でインフルエンザが流行すると思われるので、今年は計画的に早めに動くよ!関連記事子供のインフルエンザワクチンは2回接種!間隔は?イン...

    記事を読む

  • 2018/04/26健康管理

    沖縄から始まって、愛知でも報告されたはしか(麻疹)人数が増えて感染が広がってるらしいですね!目次はしかの感染力はインフルエンザの10倍!麻疹の予防接種、大人はどこでどんなワクチンを接種すればいいの?大人の麻疹含有ワクチン、回数は1回でいい?2回目の間隔は?過去にはしかにかかったっけ?予防接種したっけ?分からないけど接種しても大丈夫?いつから効くの?今からでも間に合う?はしかの感染力はインフルエンザの1...

    記事を読む

子供のインフルエンザ予防接種、いつ受けるのが効果的か?効果はいつからいつまで?

10月になりましたね!
そろそろインフルエンザワクチンをいつ接種するか考える季節になりました。

去年は未就園児の娘ちゃんに接種させるか悩んだり、インフルエンザワクチンの供給不足があったりして予約が思ったように取れず接種が遅れたりしました。
が、今年はがっつり幼稚園児!
絶対幼稚園でインフルエンザが流行すると思われるので、今年は計画的に早めに動くよ!

関連記事


子供のインフルエンザワクチンは2回接種!間隔は?


インフルエンザワクチンの用法用量は、6カ月以上13歳未満は2回接種となっています。
1回接種よりも2回接種後の方がより高い免疫が得られるからだそう。
13歳以上は原則1回接種です。(基礎疾患があるなど、医師の判断で2回接種になる場合もあります)

1 歳以上 3 歳未満のものには 0.25mL を皮下に、3 歳以上 13 歳 未満のものには 0.5mL を皮下におよそ 2 〜 4 週間の間隔を おいて 2 回注射する。13 歳以上のものについては、0.5mL を 皮下に、1 回又はおよそ 1 〜 4 週間の間隔をおいて 2 回注射する。
(インフルエンザ HA ワクチン「北里第一三共」の添付文書より)


2回目までの間隔は13歳未満の場合、2週間〜4週間開けて接種することになっていますが、免疫効果を考えると4週間開けるのが望ましいとされています。

そのへん逆算しながら、流行期に効果が出るように接種日を考える必要があります。

20181002135635a83.jpeg

インフルエンザの流行期は?


日本でのインフルエンザのシーズンは毎年11月下旬から12月上旬に始まり、4月頃に終わります。
ピークは1月末から3月上旬
よって、「12月中旬までにはインフルエンザワクチンの2回目接種を終わらせたほうがいい」と、厚生労働省のホームページのインフルエンザ関連ページに記載されています。

インフルエンザワクチンはいつからいつまで効果があるのか?


インフルエンザワクチンの効果は、一般的に接種後2週間から3〜6ヶ月までと考えられています。
2回目接種の1ヶ月後までにピーク達して、3〜4ヶ月後に徐々に効果が低下して行きます。

インフルエンザワクチンの添付文書を見ると、

ワクチンを3週間間隔で2回接種した場合、 接種1ヶ月後に被接種者の77%が有効予防水準に達する。 接種後3ヶ月で有効予防水準が78.8%であるが、5ヶ月では 50.8%と減少する。効果の持続は、流行ウイルスとワクチンに 含まれているウイルスの抗原型が一致した時において3ヶ月 続くことが明らかになっている。
(インフルエンザ HA ワクチン「北里第一三共」の添付文書より)


となっています。

そういう意味で、予防接種は一般的に12月中旬頃までにはすませたほうがいいと言われているわけですね。
早く接種しすぎると、流行の後半効果が切れちゃわないか心配になるのでその辺も考慮したいところ。

スポンサーリンク

うちはこうする!予防接種スケジュール


去年、2歳の娘ちゃんは、「11月上旬(11/4)に1回目、3週間後の11月下旬(11/25)に2回目」を接種しました。
2回目を4週間開けず3週間にしたのは、2回目接種を11月中に済ませたかったからです。

関連記事


これはこれで免疫のピークが12月下旬に来て、効果が4ヶ月持続したとして3月末くらいまで、といい感じだったと思います。
もし流行が早かったら心配だけどそういうこともなかったので。

去年は、週一回、少人数のプレ幼稚園に行くだけだったせいもあってかインフルエンザにかかることはありませんでした。

今年は幼稚園年少さん。もう少し早くに接種してもいいかな、と思ってます。

「10月中旬に1回目、11月中旬に2回目を終わらせる」スケジュールだと12月中旬くらいに免疫のピークが来て3月くらいまで効果が続く…。

てなスケジュールがいいかな。
流行のピークに合わせようとするともう少し遅くてもいいかな、とも思ったけど実際流行がいつから来るのかってその年や自治体によって違うし、去年より早めに免疫をつけてもいいのかな、と。

都内で、渡航者からの感染の可能性が高いのかな?と思われるけどこういうニュースもあるし。

早くもインフルエンザ流行で学級閉鎖続出…海外渡航者が持ち込んでいる可能性|ビジネスジャーナル

ワクチン以外のインフルエンザ対策


インフルエンザワクチンの有効率は乳幼児で20〜60%
去年はワクチンだけに頼らず生活習慣での対策もしました。
①親2人がインフルエンザワクチンを接種する。
②親2人が、人混みや仕事中(医療機関勤務です)マスクを着用して風邪、インフルエンザ予防。(今年は娘ちゃんにも人混みではさせるつもり)
③帰宅時のうがい、手洗い。
④加湿器の設置。

うがいはインフルエンザ予防には効果がないそうですが(喉に付着したインフルエンザウィルスが体内に入る速度が速いためだそう)普通の風邪には十分有効ですのでしたほうがいいです。

今年もインフルエンザに掛かりませんように!

はしか(麻疹)が流行!大人の予防接種はすべき?回数や効果は?MRワクチンで大丈夫?

沖縄から始まって、愛知でも報告されたはしか(麻疹)
人数が増えて感染が広がってるらしいですね!


はしかの感染力はインフルエンザの10倍!


強い感染力を持つ麻疹ウィルス。
しかも、免疫がない場合、感染した人のほぼ100%は発症するという恐ろしさ。

空気感染が主な感染経路で、飛沫感染、接触感染もします。
同じ部屋内に居るだけで感染するらしいので、これから色んな地域の人が行き交うゴールデンウィークの観光地とか、ショッピングモールとか、めっちゃリスキー…。

国立感染症研究感染症疫学センターは、『可能な限り早めのMRワクチン接種を推奨されるもの』を4月17日に発表してますが、その中の一つに

1ヶ月以内に海外旅行、国内旅行を予定している者(可能な限り2週間以上まえに接種済ませる。旅行直前に接種する場合は、接種後5〜14日の体調変化に注意が必要です)


の記載があります。
このゴールデンウィーク、レジャーを企画してる方は受けた方がいいと言うことです!

また、0歳児家族なども推奨になってます。

1972年生まれの私は予防接種をしてない世代(1977年まで任意接種だった)
罹患した記憶もありません。(あいまい)

201804261348347cf.jpeg

麻疹の予防接種、大人はどこでどんなワクチンを接種すればいいの?


私はかかりつけ内科に予防接種してもらえるか電話で確認。
「今日ワクチンを発注するので、明日以降ならできますよ」
とのことで、予約して行ってきました。

近所のごくごく普通の医院です。
医院に在庫がないこともあるでしょうが、すぐに取り寄せられるよようでした。
希望される方は、まず電話で確認してみて下さい。

ただ、接種したのは麻疹単独ワクチンではなく、MRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)です。
単独の麻疹ワクチン」の代わりに「MRワクチン」を接種しても問題ありません。
麻疹予防の効果は、単独の麻疹ワクチン=MRワクチンです。

実は妊娠中、風疹(三日ばしか)の抗体が低いことが分かってまして。
出産後に早めに受けた方がいいと産婦人科医に言われてたんです。
(妊娠中はワクチン接種できません)
なので、風疹も予防できるMRワクチンは一石二鳥!

ちなみに価格は9,500円でした。(厳しー!)

風疹の抗体がある人でも、MRワクチンを受けることは問題ないそうなので、単独ワクチンがなければこちらでもいいと思います。

私がMRワクチンを接種した内科に一応確認したところ、麻疹単独ワクチンは品薄のためやってないと言われました。

で、病院で接種終了してして、やれやれーとか思ってたらDr.が問題発言!
「予防接種したからって100%感染しないわけじゃないからね。
今まで一回も接種してなくて、かかったこともないと定着率が下がるから」


ええーそうなん?

大人の麻疹含有ワクチン、回数は1回でいい?2回目の間隔は?


私が接種した病院では、大人のMRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)の接種回数は1回

1回の予防接種で麻疹の免疫ができる確率は95%くらいだそうです。
2回接種すると99%以上まで確率が上がるそう。

麻しん含有ワクチン(主に接種されているのは、麻しん風しん混合ワクチン)を接種することによって、95%以上の人が麻しんウイルスに対する免疫を獲得することができると言われています。また、2回の接種を受けることで1回の接種では免疫が付かなかった方の多くに免疫をつけることができます。(厚生労働省 麻しんについて



1回だけだと、免疫を獲得できたとしても後々免疫が減衰する可能性が高いので、確実に免疫を獲得するためには2回摂取する方がいいのですが、2回受けるかどうかは、かかりつけの先生と相談してください。
4週間以上間隔をあけて2回目を接種出来ます。

とりあえず、大流行を防ぐために多くの人に1回のワクチンを、という考え方もあります。

スポンサーリンク

過去にはしかにかかったっけ?予防接種したっけ?分からないけど接種しても大丈夫?


大丈夫だそうです。
過去にかかってて抗体があるのに予防接種しちゃった…という場合でも、それによる副反応が起こることはないので、抗体検査をせずに接種していいそうです。

また、過去に予防接種をしていた人がワクチンを再接種したからといって副反応が強く出るということもないそうです。
(過去に二回接種をしていた場合でも、再接種は問題ありません)

今まで麻しんにかかったことが確実である(検査で麻しんの感染が確認された場合)場合は、免疫を持っていると考えられることから、予防接種を受ける必要はありません。しかし、麻しんかどうか明らかでない場合はかかりつけの医師にご相談ください。たとえかかったことがある人がワクチン接種をしても副反応は増強しません。
 もし、麻しん又は風しんの片方にかかったことがあっても、他方にはかかっていない場合、定期接種対象者は麻しん風しん混合ワクチンを定期の予防接種として受けることができます。(厚生労働省 麻しんについて



再接種の際に副反応が強くなるという報告はありません。初回接種時より、副反応の出る割合としてはむしろ低くなるという報告もあるようです。(東京都感染症情報センター麻しんQ&A II ワクチン関連



ちなみに、私のような1977年以前に生まれた世代は、任意接種だったので予防接種を受けてない可能性あり。(自然感染してる可能性あり)

1977年〜1990年(現在28歳〜41歳)の人は、予防接種を受けてても1回だけ。

それ以降の年代は、2回接種の世代ですが、ちゃんと2回してるかどうか要確認。

予防接種を受けておらず感染歴もない私のような場合、接種した方がいいでしょう。
子供のころ1回しかしてなかった場合も、免疫がついてなかったり、ついてても時間が経って免疫が落ちてたりする可能性があるので接種した方がいいそうです。

いつから効くの?今からでも間に合う?


抗体は2週間後から出現するそうです。
ですので、旅行などの予定があればその2週間前までにしたいところ!

わ〜間に合わない!と諦めないで!

麻疹にかかった人と一緒になってしまって、発症を防ぎたい場合、接触した72時間以内に予防接種を受けることで、100%ではないですが発症を防げるかもしれないとのことなので、今からでも接種することで万が一感染した場合の発症は抑えられるかもしれません。
GW後に大流行しないとも限らないし、今からでもやっぱり接種はしとくべき。

なんせ、感染したら100%発症するウィルス。
ゴールデンウィーク前の今からの接種でも意味があると思います。


Copyright © 42歳から頑張る!高齢出産、高齢育児 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます