ひらがなのタグ記事一覧

高齢出産母ならではの、不妊治療、出産、育児、お金、ママ友付き合いなどなど。

タグ:ひらがな

  • 2018/06/04幼児教育

    娘ちゃん、3歳4ヶ月。幼稚園年少さん。ひらがなはほぼ読めません。お風呂にひらがな表を貼って教えたり、カルタを使って遊びながら教えようとしたり。2歳からはドリルをやったりもしたんですが、本人が全く覚える気にならない。無理強いして勉強嫌いになっても困るので、興味なさそうならこちらも押さず、全くひらがな教育が進まないまま幼稚園入園となりました。いつから?どこまで?ひらがなの読み書きお悩みTOP3(ベネッセ)に...

    記事を読む

  • 2018/01/29幼児教育

    娘ちゃんもうすぐ3歳。そして、もう直ぐ幼稚園入園です。同じ学年の子供をお持ちの皆さんは、「ひらがな教育」ってされてますか?我が家でこれまでにやってみた「ひらがな教育」教育…と言うほどのものじゃないですが。①お風呂にひらがな表を貼る。時々「これは何?かえるだねーこれがかえるの"か"、だよ」などとやってみる。→娘ちゃんお風呂遊びに夢中で全然乗ってこない。②100均のひらがなカルタ数枚並べて、お父さんと競争。私...

    記事を読む

3歳(幼稚園年少)ひらがなはいつから、どう教える?『こどもちゃれんじ』を始めてみた

娘ちゃん、3歳4ヶ月。
幼稚園年少さん。

ひらがなはほぼ読めません。

お風呂にひらがな表を貼って教えたり、カルタを使って遊びながら教えようとしたり。

2歳からはドリルをやったりもしたんですが、本人が全く覚える気にならない。

無理強いして勉強嫌いになっても困るので、興味なさそうならこちらも押さず、全くひらがな教育が進まないまま幼稚園入園となりました。

いつから?どこまで?ひらがなの読み書きお悩みTOP3(ベネッセ)によると、

5・6歳で46音が読めるのがひとつの目安です。「自分も読みたい」とその気になるときは必ずきますし、興味をもてばすぐに読めるようになります。今は、かるたやお手紙ごっこなどで「ひらがなを読むって楽しそう!」と思えるきっかけを用意しましょう。


とのことなので、まだまだ焦る必要はないだろう…こっちも面倒くさいしーと呑気に構えていたんですが…。

そろそろちゃんとひらがな教えたほうがいいかも?と思い始めた理由


最近色々ありまして、
「そろそろ読む準備だけでも始めたほうがいいんじゃない?」
と思い始めたんですよ。

①うちに遊びに来てた同じ年少のお友達がスラスラひらがなを読んでた!
3学年上の兄弟がいる子なのでその影響もあると思うんですが…結構衝撃でした。
同じクラスでも、自分の名前だけは読める子とかも結構いる。

②幼稚園からの定期的なお便りを見てたら、『年中さんはひらがなを書く練習が始まるので鉛筆を持参させてください』って書いてある!
っていう事は…年中さんになるまでにある程度読めてないとマズくない?

年中さんで書く練習をしてくれる、って事は年少さんのうちに読む練習もしてくれるんだよね?
とは思うんです。

この時期、できることの個人差はあるし、よその子が出来るからって慌てる必要もないって事も分かってます。
本人の興味を待って、興味あることを伸ばすべきだって分かってるんですー!

でも、自分がズボラで怠け者の自覚があるものですから、
「私の教育の怠慢もあるんじゃない?」
とか思ってしまって。

お名前だけでも読める子は、お家でお母さんが根気よく教えてるからだろうし。

正直、私が面倒臭くて放ってる面もある…。

3歳、遅ればせながら『こどもちゃれんじ』を始めた理由


で、ひらがなスラスラのお友達ママさんに聞いたんですよ。
『どうやって教えたの?』
って。

そしたら、
「『こどもちゃれんじ』とってたら、教えてないのに勝手に読めるようになってた」
って!

何その魔法!

実はそれ以前にも最近ちょっと『こどもちゃれんじ』やろうかなーと思ってた事があったんです。
幼稚園入園してから、他の子と比べて出来てないことが結構あって

例えば、ボタンのつけ外しとか。
鉛筆やクレヨンの持ち方とか。

まだいいや、と思ってちゃんと教えてなかったので幼稚園に入ってから練習してます。

こういった、どのタイミングでどのくらいの事を教えてあげるといいのかみたいなこと、『こどもちゃれんじ』とってたら分かるかなー?と漠然と思ってたんですね。

やっぱり、自分がズボラ母の自覚があるので、無意識に面倒くさいことを先送りにしてるような気がして。

そういうわけで、早速今年の6月から『こどもちゃれんじ』を始めました。




本当にひらがな覚えそう!『こどもちゃれんじ』の実力


注文から3〜4日で届いた『こどもちゃれんじ』6月号
201806041341503d3.jpeg

届いた日から夢中で遊んでます。
たまたまその日遊びに来てた、『こどもちゃれんじ』未経験のお友達と奪い合うように遊んでました(笑)

例えばこれ。
20180604134154e74.jpeg

ドーナツ屋さんごっこで数のお勉強。
数字のカードを出して、
「ドーナツ屋さん、◯個ください」
と言ってやると、一生懸命数を数えてます。

そして問題のひらがな!
20180604134156a36.jpeg
音声スキャナーで紙の上をタッチすると喋るやつ。

ひらがなをシンプルにしゃべってくれるひらがな表もあります。
20180604134159529.jpeg

ひらがなや数を覚える工夫の詰まったワークが面白い。
201806041341579f7.jpeg

例えばこれ。キャラクターと電話でおしゃべりできるワーク。
20180604134200e3e.jpeg

「いぬこ先生」としゃべりたければ「い」
「しまじろうと」としゃべりたければ「し」をタッチする。

娘ちゃんの、今の所いちばんのお気に入り。
(日曜日に車での遠距離移動にも持って行って暇つぶしになってくれた)

繰り返せば文字に関係なく、位置で覚えるとは思うんですが、
「い」とか「し」とか自分で言いながらタッチしてる。

ここ数日で「い」と「し」は確実に覚えたっぽいです。

カルタなんかは楽しんでても、字を覚えようとは一切しなかったのに!

いや、さすがです。
これがプロの作ったエデュトイ言うやつか…。
遊びながら覚える工夫ができてるんですね。

取り敢えず、2ヶ月とったら退会できるので、ダメならすぐやめるつもりでとってみましたが…しばらく続けてみようかな、と思ってます。

一緒に奪い合って遊んだお友達のママ、子どもちゃんが数嫌いだったのに、ドーナツのおもちゃを一生懸命数えてたのに感動して、
「うちもやろうかな」
と言いながら帰っていった(笑)

「持ってるオモチャと似たようなのがかぶったり、ちまちましたいオモチャが増えるのやだなー」
とか。
あと、一度資料請求したら、ずーっと結構豪華なサンプルが届くじゃないですか。
「受講料の中にこのバラマキ広告代も入ってるんだよなー」
とか。
ちょっと胡散臭く感じて敬遠してたんですよね、『こどもちゃれんじ』
ゴメン、ベネッセ。




『自分で教えると怖いお母さんになりそう』『遊びながら覚えてくれないかなあ』という母さんの悩みに答えてくれそう。

続けたらひらがなスラスラになるかな?
あれ、私ベネッセに丸投げしようとしてる?
やっぱりズボラ母かしら?

もうすぐ3歳。ひらがなを教えるのにドリルは封印!絵本で下準備です。

娘ちゃんもうすぐ3歳。
そして、もう直ぐ幼稚園入園です。

同じ学年の子供をお持ちの皆さんは、「ひらがな教育」ってされてますか?


我が家でこれまでにやってみた「ひらがな教育」

教育…と言うほどのものじゃないですが。

①お風呂にひらがな表を貼る。時々「これは何?かえるだねーこれがかえるの"か"、だよ」などとやってみる。
→娘ちゃんお風呂遊びに夢中で全然乗ってこない

②100均のひらがなカルタ数枚並べて、お父さんと競争。
私が「ももの"も"!」などと読んでそのひらがなを取り合う。
→大喜びでするんですが、勘で取ってます。覚えようとする気はゼロ。未だに読めるひらがなはありません。

ちなみにカルタ自体は100均とはいえ大変使えるものになってます。
表にひらがなが大きくあって、
20180129080153809.jpg

裏に絵が…。
201801290801541e6.jpg

100均ショップ、ワッツで購入。
20180129080156b96.jpg

③学研の幼児ワーク「ひらがな」をやらせてみる。
→全く乗り気にならず、現在封印中


2歳 ひらがな (学研の幼児ワーク)


我が家では、学研の2歳のドリル「もじ・ことば」を2歳半からはじめてわりとすぐ終わったので、次のドリルとして「ひらがな」を買ったんです。

関連記事


学研ドリル「もじ・ことば」、はひらがなの練習ではなく「物の名前が言える」「文字があるということを理解する」といったレベルの内容でした。

「ひらがな」はズバリ、ひらがなの読み書きの練習がメインの内容です。

ちょっと難しいかな?とは思ったんですが、当時ご近所の年中のお姉ちゃんがひらがなと簡単な漢字を書けてたのを見てビックリ!
2歳の娘ちゃんも、これくらい教えたらできるのかな?教えたほうがいいのかな?
と思ったこともあって。

2歳9ヶ月くらいから始めたんですが…。
大好きなシール貼り問題なのに乗り気になりませんでした。
20180129082115a9b.jpg

こういうページに関しては、目を背けて見ようともしませんでした(笑)
20180129082114e83.jpg

無理強いすると勉強が嫌いになることがあるし、子供は自然と興味を持つようになるとのことなので、それを待つことにしてあまりグイグイ教えるのは止めました

でも自然に興味を持つまで待つ、って結構難しいですよね。
同じくらいの子がもっと出来てたらつい焦っちゃうし。
教えてないと親の怠慢なんじゃ…?と思ったり。
「何もしないわけにもいかないかなー」と思ったので…絵本を買いました。


興味を持ってもらうための下準備


あっちゃんあがつく―たべものあいうえお


あいうえお順で、「◯ちゃん、◯がつく…」と読み上げてるだけの本なんですが…。

寝る前に読んでますが、絵本好き、食べ物好きの娘ちゃんお気に入りの一冊になりました。毎日リクエストに入ります。 絵がすごく細かくてかわいくて、みてるだけでも楽しいです。

201801290746191cc.jpg

これとかすごく美味しそう。
20180129074619722.jpg

擬人化された食べ物たちが面白いのか、「この子なんで転んでるの?」「この子なんで困ってるの?」と聞いてくるので、親子でストーリーを考えて楽しんでます。

「あ」から「ん」まであるのでさすがに一度に全部は読めず、今日はあ行、今日はか行って感じで分けて読んでますが、その日食べたもののページに飛ぶ事んだりも。

ひらがなを指さしながら読んでますが、その辺はあまり見てくれてない(笑)

でもいつか、「これってなんて読むの?」と聞いてくれる日を心待ちに、コツコツ読んでいこうかと思います。


Copyright © 42歳から頑張る!高齢出産、高齢育児 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます